These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の雨の日に夢で逢えたら。


大滝詠一 1948.7.28-2013.12.30

大滝詠一

われらのポップミュージック仙人は永久に不滅です。



「Tシャツに口紅」RATS & STAR
Tシャツに口紅

「恋のハーフムーン」太田裕美(1981)



古く黄色く燃える列車でハートブレイキん。

最近聴いているオンガクとか。

emmylou harris & rodney crowell_Old Yellow Moon.jpg
Emmylou Harris & Rodney Crowell「Old Yellow Moon」(2013)

ジャケ買いしましたが、コレは間違いねぇっス。
年季とか年輪とか、そういうノが見えるジャケ。
聴いてみっと、音も、そういうコトでした。
基本的にワタシは染みないヒトなのですが、流石にコレは染みます。



the_burning_train.jpeg 
あと、コレは染みねぇと思いますが、見てみたいエーガっス。
コレの(たぶん)テーマ曲がボリウッド音楽のコンピにちょくちょく入ってるんでス。
きっとインド的にメーサクなんでしょう。
音楽的にはワハハ的B級な感じですが、ワタシは、B級って好きなのでちょい興味ありまス。
制作年は1980年頃っぽいっス。





asako-toki-heartbreakin.jpg 
土岐麻子「Heartbreakin'」(2013)

こちらも、染みる系とは、ちと違いますが、オトナが安心して聴けるポップってぇコトで間違いねぇ一枚っス。基本的には、80年代チックなキレイ指向音楽ですが、あの頃に多かった、「余裕のねぇカッコつけ」とは一線を画すよな、オトナの余裕が感じられる横揺れグルーヴっス。生楽器とデジタルのバランスがエエっスね。




あとは、文字だけでドバドバ書きますが。



何故かDave Clark Fiveの「Because」(1964)を急に聴きたくなりiTunes Storeでポチったり、八神純子総帥の「ジェラス」(1982)っつ曲にハマったり、「Ring Your Bell」(1975)ってぇ曲で、The Bandが意外にリトル・フィートとグルーブ感が近いコトを知ったり、ユーミン師匠の「白い朝まで」(1978)ってぇのが、また、隠れ名曲だと知ったり、トッド・ラングレンの「Hello It's Me」(1972)と、はっぴいえんどの「風来坊」(1973)のカンケーについて思い当たったりしながら、第100回のツール・ド・おフランスを眺める毎日ですワ。(フルームが強過ぎて面白みに欠け、クィンターナの上位入賞くらいしか期待するコトがない大会になっちめぇました・・・)

というワケで、相変わらず、オンガクと自転車のどっちでもない、中途半端なブログでゴザイマス。


では、また、秋に会いましょう。




したらば、これ、傑作じゃないですか。

aiko_時のシルエット
aiko『時のシルエット』(2012)

昨年の6月に買うてから、聴かずに放置しておりましたが、本日、ィやっとこさ、聴きました。

したらば、これ、傑作じゃないですか。

サッサと聴いておけばよかったっスよ。

aiko氏の曲って、初期の傑作連発期後は、佳作はあるものの、なんとなくマンネリちっくな印象を持ってまして、ここ数年は、新曲が出ても、いっつも、あんまり期待はしてなかったンすよね。

んナもんだから、昨年のシングル「恋のスーパーボール」も、買ったまま放置し、その流れでリリースされた、このアルバムも買ったまま同様に放置っスよ。

んで、本日、放置してあったコレを聴いた訳ですが、したらば、あら、まぁ、コレ、スゲーええじゃないデスか。

激薄リバーブで歌う異形のハミ出しメロディーに、瞳孔開放性ドシャメシャ型高性能バッキングっつコトなので、オンガクの作り的には、ィやっぱり、マンネリにはチゲーねぇのですが、なんだろか、メロが一つ上の次元に行ったんスかね。とっても、よいです。

ドラムは、2曲を除き、佐野康夫氏。またしてもスンバラシいグルーブっぷりです。
(佐野氏以外のだって、カースケ氏とかですので、やっぱ、スンバラシイです。)
ベースは、大半の曲で美久月千晴氏が弾いてますが、こちらもやはりスンバラシくスリリングな弾きっぷりッす。(他だって沖山優司氏とかですよ。スンバラシいっス。)
キーボードは、お馴染みの、島田正典氏。相変わらず、サイコーのセンスっす。鳥肌八千本。

とにかく、聴くべ。

blogram投票ボタン

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

永遠のホラを吹いてくれ。

名曲の名演。

コレは鳥肌3500万粒ですなぁ。(一人1000粒計算)



みゆき姐さんの去り際がカッコええ。


まちがいの例

1. 永遠の餅を搗いてくれ
2. 永遠のホラを吹いてくれ
3. 永遠のシャミを弾いてくれ
4. 庭園で水を撒いてくれ
5. 東広島の西は呉



・・・たかが、オンガクのくせに。

Perfume_Love The World
Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD(2012)

なんかアットー的にスゲェかも。
よくも、まぁ、ここまで、テッテー的にカッコよさを追究したもんだ。
気合いとか気迫とかそんなもんまで感じるズラ。

・・・たかが、オンガクのくせにさ!



これって、たぶん、Perfumeだけでも、中田ヤスタカだけでも、ココまでのことにはならなかったっスよね。

やっぱ、オンガクっつのは、コンポジションだけでも、エクスプレッションだけでも、成り立たない。

両方がそろってこそスゲェことになるという、21世紀的、ぇえ、まぁ、その、アレだ。

オンガク、好きなら、聴きましょ、っつコトで、ヨロスクね。




プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。