These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pretenders『Learning To Crawl』(1983)


プリテンダーズ(The Pretenders)
『Learning To Crawl』(1983)

コレ、当ブログでは、何度目かの登場ですが、まぁ、許してください。
理想のロック・アルバムだと思ってます。
特にA面、最高です。
これ以上カッコイイ、姐御ロックはドコにもありません。
兄貴ロックでも、これよりカッコイイのはありません。

サウンド的には、透明度のあるレイヤーを重ねて作る微妙な色彩のサウンド。70年代までの、油絵的なロックには無かったサウンドです。でも、油絵じゃないからと言っても、水彩的な淡さでは無く、しっかり深い濃い色があって、光沢もあって、それが透明に幾重も重なる感じのギターサウンド。ソリッドなのに透明感がある。ってコトで、何となく分かりますかね?

ドラム&ベースはこれまたソリッドで、かつタイト。特に変ったことはしてないンですけど、畳み掛けるトコは畳み掛けるし、正しいっス。

そんで、やっぱり、クリッシー・ハインドの突き放したドライなボーカルが、異様にカッコイイ。色気ゼロの女性ボーカル。ひたすらカッコイイだけの女性ボーカル。あまりのカッコよさに、ヒレフするしかありません。常日頃、ワタシ、ヒレフしてます。さぁ、皆さんも、遠慮なさらず、レッツ・平伏!

曲については・・・。
もう、いいや。
とにかくカッコイイ!
A面は特に全部カッコイイのですが、今日は、5曲目の「Show Me」について一言。
「こんなカッコよくて美しいロックンロールは他に無い!」とだけ言っておきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。