These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイテンション・どすこい・ファンキー・BR・ビッグバンド。


バディ・リッチ(Buddy Rich)
『Buddy & Soul』(1969)

あのね。
「グリーンスリーヴス」ですよ。
たら~ら、ら~らら、ら~りら、ですよ。
400年以上もムカシから伝わるエゲレスの伝承曲ですよ。
フツーは、ドコかしら神秘的な印象を与えるような演奏をすると思いますがね。
バディ御大のビッグバンドは、ンな事、関係ない。
圧倒的に「今だけ」な、全くアトサキを考えない刹那的パワーをドバドバ溢れさせる、ゴッツ級演奏で、ワシらをノックアウトしてくれマス。ドッカン、ズカスカ、ズビズビズビズビ、ドンスカ、スッタン、ズドドドドド、んドドド!!!!!
でゴザイマス。流石に、世界一のドラマーと言われていたヒトです。どう演っても超絶ファンキー。最高デス。

リズム的には、ジャズロックなリズムがイカしてます。4ビートではなく、ファンキーな8ビートが中心。編成的には、リズム・セクションが完全に電化してます。エレキ・ギター、エレキ・ベース、そんで、エレクトリック・ピアノ。そこに、ハイテンションな管が、ぶわ~っと乗っかりマス。言うなれば、アーネスト・ホーストとか、ヴァンダレイ・シウバがボトムを支え、そこに乗った13人の朝青龍が、ぶわ~っとコッチに向かって来るって感じ。基本的には、細かいジャブが絶え間なく続き、時折、トンでもないラッシュが来る。一曲につき、5回のノックダウンは覚悟しておいた方がイイ。ド迫力と確かな技術。「いや~ん」とか言って倒れなされ。

このアルバムは、5年くらい前に買って、その後、意外と聴いてなかったンですが、久しぶりに聴きまして、やっぱり、最高の一枚だと改めて思いました。
ハイテンションなラッパ・セクション!
ノタくりまくるサックス・ソロ!
ペケペケ、シャカシャカなエレキ・ギター!
裏からスキマを埋め尽くすエレキ・ベースと御大のドラム!
ある意味、B級でチープなアレンジ。
明解で分かりやすい音楽性。
コレを、横綱ドスコイな超絶迫力でガブリ寄ってしまう。
ボーナス・トラック含めて、17連戦。
コレ聴いて、負けない方がオカシイ。

気持ちよく全敗しましょう。

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ←ドバドバお願いします。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。