These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aiko ニューシングル『星のない世界/横顔』


ワタシにとって、aikoサンというヒトは天才メロディー・メーカーです。
2000年に、「ボーイフレンド」という曲のスゲぇサビメロで、アタシャ、耳が点になるくらいにブチのめされまして、その後で、「花火」という、問答無用の天才の証左を知るに至って、完全にヒレフしたのでアリマスが、ここ数年は、aikoサンには、(違うかもしれんけど)産みの苦しみもアルんだろな、と感じます。(ウミガメの産卵とはチゲーぞ、念のため。そもそも、aikoサンは卵は産まん。・・・筈だ。産みそうな気もスルが。)

そんでも、3ヶ月前のシングル「シアワセ」(2007)では、天才復活を感じたのデスが、今回は、また、少々辛いか・・・。
まぁ、あのユーミンも、天才的楽曲は初期に集中してる気がしますし、一時期(70年代後期)は低迷期だったとか言われますしね。そんで、その後の80年代前半の第二次黄金期があったンですから(←コレは個人的に思ってるコトですが)、ガンバレ、aiko Haaaan!!!(舞妓Haaaan!!!と若干混同・・・)

とは、言っても、今回の楽曲でもフシまわしの一つ一つには、やっぱりタダモノじゃないモンを感じます。特に「横顔」の大サビのトコとか、あと、楽曲としては、今回のシングルでは最も出来のイイと思える、三曲目「恋愛」のサビ前とか。もちろん「星のない世界」もサビの4小節目から5小節目のトコとか、流石にスバラシイ。

サウンドは、島田昌典氏による、いつものヤンチャ系元気サウンド。
最早、aikoのサウンドはコレって感じナンですけど、そろそろ、島田サウンドを離れてもイイんではないのかいな、って気もしますね。

あ、一曲目はスローテンポの切々と系デス。
島田氏の、星を切望する系アレンジのヒラメキがスバラシイです。

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ←クリックを請願申し上げます。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。