These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野雄二『Original Soundtrack From Lupin III』(1978)


大野雄二(You & The Explosion Band)
『Original Soundtrack From Lupin III』(1978)

第二期以降のルパンのアルバムの基本中の基本・・・ナンでしょ、コレ?

今や、ルパン作品については、腐るほど多彩なアルバムが出てますンで、ナニがナニやらさっぱり分かりませんが、この作品については、間違いナイと思います。曲間に、声優陣による小芝居(「ぅ~ん、ルパンのエッチっ」とか)が入ってますので、ダメなひとは嫌いかもしれませんが(ワタシは、コレ、嫌いじゃない)、ルパンの音楽ってカッコいいよね、って思ってるヒト、多分、マストです。これは、買っとき。

音楽的には、当時の、クロスオーヴァーの美味しいサウンドを、見事に美味くパクってマス。天才的な取り入れ方だと思いますが、当然ながら、単なるマネっこではなくって、味付けの方こそ、むしろ見事。結果として、聴き飽きの来ない、最上級のクロスオーヴァー・ミュージックになってるってコトで、アニメのBGM集の枠を、二拍目のステップで、アッサリと勇み足、してます。
あ~、と。あと、シンセの使い方が上手いデス。流石のセンスだと思います。

んで、ですね。
聴いてるとサ。
デヴィッド・T.ウォーカーもどきとか、コーネル・デュプリーもどきとか、ジョー・サンプルもどきとか、ハッキリ言って「もどき」だらけの演奏なんデスが、それでもイイのよ。
サッチモだって、キング・オリバーもどきだったワケでしょうに、ねぇ?
で、その、「もどき」まみれの演奏で奏でられる音楽が、適度に醤油混じり(大野氏ご本人も言ってます)のバターで、要するに、ワシらに最適なサウンド。ある意味、一期目のヤマタケさんのルパンより、湿度が高い分だけ、分かりやすくってカッコよく聴こえる。一期目のが好き、と言った方が「通」っぽい感じもしますが、ワタシはコッチのが好きです。

白眉は、二曲目の「愛のシルエット」と、最後の「愛のテーマ」(バリー・ホワイトかっての)デスかね。
イズレモ、ストリングスが奏でるメロの美しさには、鳥肌とタメ息とが出ます。

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ←なるべく押忍!
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。