These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bill Evans『Sunday At The Village Vanguard』(1961)


ビル・エヴァンス(Bill Evans)
『Sunday At The Village Vanguard』(1961)

ピアノのジャズってステキ、うふ。
と言いたい方は、このアルバム、ヤメておきましょう。

それから。

ジャズは違いの分かる大人が聴く音楽だ。フム。
とか、言いたい方も、このアルバム、ヤメておきましょう。

うわっ。
ごげッ。ぅお。ひょ~ッ。
すッっげぇエエっ!!!

と言いたい方。
聴きましょう。

かなりハードで、辛口な作品デスね。
砂糖は入ってません。
甘味料に慣れてしまっていて、素材の甘みを感じられない方は、コレ、多分無理。
ワタシも、最初の数年、ダメでした。

ナニシロ甘くない。
やってるコトは分かる気がスルんですが、楽しくなかったンですよ。
具体的に言うと、ベースがあんまり、安定したリズムとかベースラインを刻まないンです。ピアノがソロを取っていたとしても、ベースも半分以上は、ソロみたいに弾いてます。コード進行も希薄な感じだし、高い音域の時間が多いし、一拍目の頭に音が出てないなんて、当たり前。つまり、アンサンブルで「楽曲」を演奏するって感覚が希薄。実際、ベースのソロも多いし。

でも、分かってしまえばこのアルバムは凄いデス。
シンコペの嵐。
で、登る、落とすのタイミングの絶妙さ。
更に、高速3連、んベベ、ンベベの、「ベ」の鋭さ。
腹からエグる裏拍の低音。

イヤ、ついついベースの事ばかり書いしまいましたが、やっぱりスコット・ラファロのベースはスゴイです。ベースがピアノと完全に対等デス。これは言われ尽くされているコトでしょうけど、本当に、どっちか主で、どっちか従とか言えない。
で、このバトルみたいな強烈な対決型アンサンブルの向こうからやって来る、ほのかな甘み。

・・・イヤ、本当に凄まじい演奏。

・・・取り敢えず、今日はココまで!


にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← くくくくくクリックお願いしますくくくくく。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。