These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇多田ヒカル/Fly Me To The Moon (In Other Words)-2007MIX

宇多田ヒカル
『Fly Me To The Moon (In Other Words)』(2007)

あの、スタンダードの「Fly Me To The Moon」です。
何ユエに、宇多田サンが、今のタイミングでコレなの~?
よう分からんね~。
と思って、ネットで調べてみたっけサ。

壱。元は2000年のシングル「Wait & See」のカップリングで、今回のはリミックスらしい。
弐。エヴァンゲリオンの映画のタイアップらしい。(しかし、なぜか、今、"エヴァ"なのかもよう分からん。)

で、サウンドの方は、まぁ、R&B(アール・アンド・ビー、の方ね)ですね。
音数を絞ったベースとドラム(と言っても打ち込み)の隙間を、シングルノートのギターとかオルガンとかストリングスで埋めていてクールな感じ。埋め過ぎないのがイイ。ストリングスが効いてます。

肝心の歌の方ですが、コレは流石に、上手い。
何と言っても、押し引きの加減が絶妙に上手いし、細かいビブラートもスゲェねぇ。10代で(当時)、この歌唱力、表現力はハッキリ言って怪物です。ただ、完成され過ぎてて、既に、もう伸びしろが無かったかも知らんデスね。最近の曲も、ヴォーカルそのものは変わらんデスもん。
でも、ま、しつこいようですが、当時から、トンでもないレベルで完成されていたというコトで、悪いコトなど一つもナイです。
素晴らしいデス。ハイ。

R&Bな「Fly Me To The Moon」。
コリャ、ナット・コール(Nat Cole)にも負けねぇンでナイかい?
と思って、ナット・コールの聴いたら。
ま、流石にソリャ言い過ぎかなと。


『Nat King Cole Sings/George Shearing Plays』(1961)
このアルバムがまた至宝でサぁ・・・。
と言うハナシはまた別項で。

それは、そうとして、宇多田サンの「Fly Me To The Moon」。
なかなかのモンです。
一聴の価値ありだと思います。
(・・・何故、上からなの。オレ。)

↓聴ける↓

宇多田ヒカル - Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX- Single


↓押せる↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。