These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲップの出ない絶妙なジェイムス・テイラー。


ジェイムス・テイラー(James Taylor)
『Walking Man』(1974)

オトナの聴く音楽としては、ジェイムス・テイラーって、最高にイイ趣味だと思うんですが、どうッスか?

シンプル過ぎず、難し過ぎず。
穏やか過ぎず、激し過ぎず。

そんで、歌詞には深みがアルと。

だから、何十年でも聴いて行ける、そういう音楽だと思います。
反対意見のある方は、ソコで挙手願います。(見えませんが。)

このアルバムは、74年の作品で、サウンド的には完全に洗練された、フォーキーAOR。全編にアコースティック・ギターが鳴っていますが、ストリングスやホーンや、パーカッションでの味付けも施されていて、ヘタすると、人工着色料的音楽になりかねないサウンドです。ある意味、ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)の『The Pretender』(1976)みたいなトコがあって、あれはアレで良い作品ですが、でも、もっとシンプルなアレンジや演奏にした方が曲が活きたような気もする訳で、と、まぁ、そんな観点から言うと、コチラ、『Walking Man』は、アソコまでは豪華にしてないからなのか、何度でも繰り返し聴きたい音楽になっています。ゲップは出ない。

ま、長い曲がナイってのもアルんですけど、行き過ぎないセンスってのが、やっぱりコノ人にはあるのではナイかと思います。

持ち味の一つであるファンキー風味も、しっかり活かされていますし、ココロに沁みる系もいつも通り素晴らしく、本当に良いアルバムだと思いますデス。ハイ。


↓試聴されたし。
Walking Man
James Taylor
Wea Japan

このアイテムの詳細を見る


←ヨロシクお願いします
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。