These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拓郎御大は、やっぱ、スゲぇ。


年を経るごとに凄みを増して行く曲というモノがありまして、吉田拓郎の「今日までそして明日から」ってぇ曲が、正にそうナンじゃないかと思ったりもします。

昨年の「つま恋」、ワタシ、そこに行くほどのファンではアリマセンし、発売されたDVDも買っていませんが、NHKで放送したドキュメントは、ミゴタエたっぷりで、感動モンでした。特に、最後の「今日までそして明日から」がスゴかった。

なんつったって、「わたしは今日まで生きてみました~」ですからね。
そして「明日からも こうして生きて行くだろうと」ですからね。

そんなスゲぇ詞が35年以上の風雪に耐えつつ、歌われつつ、思われつつで、腐ったり乾いたりせず、当時からのファンの中で、太~く、行きているンですね。
ホントにスゲェと思った。

と言うコトで、今のニッポンのポピュラー・ミュージック界に、こンな存在、他にいるのか?と、考えてたりしたら、どうしたって、気になりますがナ、拓郎御大。

と言うコトで最近買いました。『拓郎ヒストリー』。
ワタシにとって、3枚目の吉田拓郎のベスト盤。

詳しい感想は別途アップするかと思いますが、それにしても、やっぱ、吉田拓郎というヒトは、凄みがアリマス。

そんで、ついつい、なぜか『ローリング30』という1978年のアルバムが気になりつつあります。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。