These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月10日はガチョ~ンと自転車で取り敢えず。

音楽ブログから一転、本日より勝手に「なんでもブログ」になります。
そんで成増になります。

が、ホントはなれません。成増には。

だって。

・・・人間だもの。

恐縮デス。

で、なんのコッチャですが、本日は自転車です。
分からんヒトには全く分からん専門用語が出て来ます。
恐縮デス。
まぁ、でも、音楽ブログであっても、ラテン用語なんて、分からんヒトには全く分からんから一緒か。

で、いきなり、ですが、昨日のハナシです。
恐縮デス。

では。

昨日いよいよ、3号、すなわちJAMIS/ VENTURA ELITEのセッティングを少々変更。

BBからサドルまでの距離を660mmから640mmに。
かつ、ハンドルを20mmのスペーサー1個分下げました。

そんで、取り敢えずと思って、乗ってみた。

走行距離:72.89km
平均速度:21.9km/h
最高速度:51.6km/h
積算距離:480.9km

で、乗った感想ですが、サドルを下げたのは良いと思われマス。
ナニシロ、ワタシは紛う方なく短足でありますのでね。
(身長168cmの場合、股下76cmなければ短足だそうですが、ワタシは確固として股下74cmであります。しかも確固として甘めの査定で74cmです。)
という事でエガった、エガった。

そんで、ハンドルも下げましたが、どうなんでしょうね。
72km走った感想としては、「背中と肩が凝った」。
まだまだ、ワタシには無理って事か?
それとも、四の五の言わずに走って慣れろって事なのか?
神の味噌汁。
モトイ、神のみぞ知る。

まぁ、暫くはこのセッティングで走ってみます。

さて、本日のコース。

まずは、鶴見溝ノ口線を溝ノ口方面へ、ドベ~っと走り、そのまま生田方面へ行くかと見せかけておいて、だが、信号待ちで気が変わり、思わずズバっと左折し、よく分からない道を「分からな~い」などと言いながら(ホントは言わない)、気が付くと山を越え(あのヘンは丘陵地帯なので、こういう地形にはコト欠かない)、長尾橋に出たと思ったら、あとは府中街道を府中に向かって突撃し、そのまま稲城日野線で、うぉりゃ~っと、ゆっくり坂を上り、そしたら連光寺坂上で、ピナレロに抜かれ、仕方がないから、桜ヶ丘公園をしょぼ~く抜けて、いよいよワタシも尾根幹デビューかと胸を高鳴らせたところ、あっさりと道を間違い、一旦逆方向に向かうも、そこはサスガにワタシも馬鹿ではないので(どっちかと言うと阿呆です)、5秒後には気が付き、サクッと引き返し、いよいよ尾根幹に突入し、しかし、コレがその南多摩尾根幹線道路なのかどうか、よう分からんまま走っていると、なんだか不要に広い中央分離帯に気が付き、まぁ、コレがそうなんでしょうと判断し、そしたら判断した瞬間にルックに抜かれ、だがしかし抜かれるのには慣れているので、そんなコトは気にも留めず、それよりも、アップダウンの多いこのコース、初心者のワタシには体力的に後半どうなのヨと、そっちの方の心配を当然ながらしていたら、ようやく南大沢って事なので、取り敢えず、コンビニでジャムパンを買って、速攻で食って、しかし、通りがかりのヒトに、「それ、ミラーですか?」と、我がベルのメトロに付いているフリップミラーが珍しかったのか、そう訊かれた訳なんですが、まぁ、そういう訳なんですよ。

で、今日はココまでと観念し、今度は多摩ニュータウン通りというヤツで、ひたすら府中方面を目指し、ほとんど下りの楽~なコースなので、路面のよろしくない部分にだけ気をつけつつ突ッ走ってたら、コノ道がいつの間にか鎌倉街道に変身しやがってたりして、まぁ、そんなで関戸橋を越え、多摩サイを一旦いい調子で遡上し、例の中央道の先のサイクリングロードが途切れている所で、2分限定で休憩し、さぁ、イヨイヨ、疲れたから帰るか、と思って漕ぎ出した瞬間に、アゲンストの激風と悟り、もう、帰るのイヤになったんスが、そこで、おぉ、ジェイミスが走っているではありませんか、つまり、コーダ・スポーツ、更に、つまり、今日は家で留守番をしている我が1号のコーダ・スポーツと色も同じ、ってぇコトは年式も多分一緒の2006年型、で、なんだか嬉しくなって、だがしかし挨拶などせず、速攻で抜き去り(こっちはロードなんで)、あとはゼイゼイ言ったりしてたら、またしても、ルックに抜かれ(年季の入ったルックだった)、やっぱどうせ抜かれるならルックだよなぁ、などと思いもせず、多摩水道橋あたりまで来た結果、もう、強風がひどいので多摩サイは降りようと決心し、世田谷通りから野川をポタポタ流し、あとは、まぁ、適当にパンチ(佐藤)のふるさとまで戻ってきたのでアリマスね。

あぁ、疲れた。

ぢゃ。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。