These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の空からネグレスコ・ホテルで深呼吸して。

さて、アナログのレコード・プレイヤーを購入して、やらねばならぬ事とは、スナワチ、アナログ音溝のデジタル化でアリマス。
いや、別にやらなくてもイイんですが、iPodに入れたいから、アナログ→MP3→AACと変換する訳です。で、昨日、早速、ドーナッツ盤を4つ程、MP3化しました。いの一番で、デジタル化した4曲、と言うコトですので、モチロンお気に入りの4曲です。

TAO「遊室民」(1983)

TAOは、割とCMなどとのタイアップ曲が多かった、バイオリンの入りロックバンド。当時のワーナー・パイオニアは結構押していたと思うんですが(コノ曲もパイオニアのコンポのCMに使われていた)、その割には売れなかった。だからCDにもなってません。アタシャ、このバンドはポップとロックの両方のセンスを持った良いバンドだと、今でも思いますが、CDにならんもんでしょうか。
そんで、久しぶりに聴いたこの曲の印象は、「こんなモンだったかぁ?」と言う感じで、アルバム『Far East』(1983)の楽曲群に比べると、キャッチーですが、チョット落ちる感じ。
それにしても、このルックスは一体なんなんスか。「マンガに出てくるロックバンド」の一典型ですナ。あと、スキンヘッド・サングラス男と、金髪ツンツン・鼻ピアス男が居れば更に完璧。(そう言えば、当時のニッポンには、ロックバンドと言えども金髪が殆どイナイですが、今では金髪の居ないバンドの方が少ないに違いない。この調子で国内の金髪が増殖して行けば、10年後には金髪首相が誕生するに違いないと思いますが、あ、思いませんね。)

松山千春「人生(たび)の空から」(1980)

この頃の松山千春は、北海道民にとってはスーパースターだった訳ですが、今だと北海道のスーパースターは誰ですか?まさか、オオイズミ・・・ヨウ・・・、ヨウチャンですニャ?あ~。で、この曲は、16ビートで刻むギター・カッティング(アコギじゃないッスよ)とか、サンバ・テイストなパーカッション(アゴゴとか)、フェイザーまで使ったようなエレピとか、ソプラノ・サックスとかが、なまらカッコイイ、およそ「松山千春」ではナイような印象の楽器編成で出来ている、その上で、松山千春の良く伸びる張りのあるヴォーカルも素晴らしい。一言でいうならば、足寄系メロウ・ファンキー・雄大・キラー・ポップ・チューンだべさ。嗚呼、雌阿寒岳。ちなみにワタシは足寄の隣町の上士幌町母子センター生まれだ。十勝ふぉ~えば~!千秋庵~!六花亭~!千春~!牛~!(ムネオについては賛同しかねるというコトで一つヨロシク。)

BORO「ネグレスコ・ホテル」(1983)

この曲は知名度こそ低いと思われますが、「悲しい色やね」と並ぶ大阪系歌謡AORの二大金字塔だと勝手に断言致しまス。BORO氏のヴォーカルが凄い。オトナの男の哀愁と色気をコレでもかとばかりに、滲ませまくったヴォーカル。涙より前に、圧倒的な鳥肌を誘う、金字塔三段重ね級の絶唱ッス。アマリのカッコよさに当時中学生はだったワタシはコレを聴いて絶句した。と言うのはスッカリ嘘で、本当は高校生になってからラジオで聴いて絶句して、大学生になってから、セカハンで見つけてシングル買って、任意の時間に絶句し続けた。
一言でいうならば、あ、既に言いましたが、つまり、大阪系歌謡AORの二大金字塔だと勝手に断言致しまス系圧倒的キラー・チューン。必ず必聴。

渡辺満里奈「深呼吸して」(1986)

おニャン子ものでは出色の出来のシングルではナイでしょっか?
まず、作編曲が後藤次利じゃナイんです。作曲がLOOKの山本はるきち氏、アレンジは新川博氏。曲もイイですが、アレンジの出過ぎないセンスの良さがスバラシイですね。チューバやら、指パッチンやら、ホンキートンクっぽいピアノやらで、なつかし系テイストを醸しつつ、でも、明らかにエレキピアノだったり、デジタルなエフェクトがあったりして、アリキタリのなつかし系ではないバランスが絶妙。
ココに乗っかる、チョイと歌唱力不足の満里奈サンのヴォーカルが、このサウンドにベスト・マッチ。奇跡的な一曲とナリマシタ。
またしても一言でいうなら、ほのぼの初恋あっさり失恋系ビミョーな切ない系キラー・キャンディ・ポップ・チューンと言えましょう。
は~っ。(←深呼吸)

それでは、また、時間を見つけて、アナログ音溝のデジタル化に励むコトと致しましょう。

ほな、アスタ・ルエ~ゴ!
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。