These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイヤー、買った、アルヨ。

レコード・プレイヤーを買いましたゾ。
福沢サンで釣りが来るくらい安いヤツ。
コレで、18年半振りに、自宅で好きな時にLPもEPも聴けるようになりました。
何故、今まで買わなかったのか不思議でゴザイマスね。



さて、平成デジタル時代のアナログ・レコードのプレイヤーは、ワタシの場合、パソコン(Mac)に接続します。
ソコが、ムカシの名前で出ていても、昭和のワタクシとは一寸違うトコロ。
ちなみに、フツウのパソコンはプレイヤーと直接接続できませんので、オーディオ・インターフェイスを使います。
コレです。↓↓↓


オーディオ・インターフェイスってのは、パソコンを音楽メインで使用しているヒトは知ってるでしょうが、要はオーディオや楽器のラインと、パソコンをUSB経由でつなぐヤツです。実はコッチの方が今日買ったプレイヤーよりは高くって、福沢氏の他に樋口さんくらいが必要とナリマス。(ワタシの場合、ベースやらギターやらをHDに録る為に以前より使用していたので、本日の出費ではナイんですが。)
ちなみに、この機種(EDIROLのUA-3FX)の場合、エフェクターの機能がついているので、レコードのサウンド全体にディレイを掛けたり、歪ませたりとか、そういうコトも出来ます。(モチロン、基本的には楽器の演奏に使用する機能です。)

さて、そういうコトで久しぶりに(ホントに18年半振り!)、レコードを聴きました。
記念すべき、18年半振りの一枚はアラン・パーソンズ・プロジェクト(The Alan Parsons Project)の『Eye In The Sky』(1982)。


もう一丁。
スティーヴ・ミラー・バンド(The Steve Miller Band)
『Brave New World』(1969)


18年半振りに掛けた訳ですが、レコード盤殿は、18年もの長い年月を根性を曲げる事無くジッと待っていてくれました。ツマリ、問題なく音は出たのヨ!
嗚呼、良かった、良かった。
思わず嬉しくて33回転とちょっと小躍りしましたゾ。(軽い嘘ですが。)

ぢゃ、今日はコレまで!

(今日聴いた二枚のLPの感想は後日。乞うご期待!)
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。