These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカッとパラっぱ~。リー・モーガン。


リー・モーガン(Lee Morgan)
『Expoobident』(1960)

一点の曇りなし。
バラッドでも力強いラッパ。
デリカシーがあるのか無いのかと、言う向きもあるでしょうが、ありますぞ。
そんで、アップな曲ではスカッと横分け。
いや、間違った。
横分けの長さは無いから、スカッとアイパー。(嘘。本当は天パー。)
どうだ、コノヤロー。
と言った感じで、スカっとしますナ。
スカッ、スカッ、スカッ!!!

と言う、最高のジャズ・アルバムです。
買っときなはれ。

ぢゃ!



・・・。
・・・・・・。


・・・いや。
サスガにこれだけでは記事を終われん・・・。

と言うコトで若干の補足。

やはり1960年のリー・モーガンは絶好調なんデス。
当然このアルバムも、かなりの良い作品デス。

行けイケ系のモーガンの作品としては、相当にイイんぢゃないデスか?
しかも、勢いだけではなく、人工的でナイ甘みがあって、さらに、若干ですが尖った時代の空気(モード)も混じってまして、安物ではない黒糖の匂いがしまっせ。

版元のVee Jayレーベルは、アタシャ良くは知らんが、R&Bのレーベルだそうで、確かにそんな感じも、うっすらと漂う。

そんで、長尺の演奏が入っていないトコロも長所。
ジャズにしては珍しく、7曲で、32分弱というコトなので、一曲あたりのボリュームは控えめ。聴きやすい。
聴き手の事を考えていると思いマスね。

それにしても、このラッパの力強さ。
分かりやすいテーマに、ダラダラしない簡潔なソロ。
コレでスカッとしないヒトぁ、オカシイです。
そんなヒトぁ、人生を血圧からやり直した方が良いと思いますデスよ。

以上デス。(尻切れトンボ系・・・)

ぢゃ!
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。