These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月なのでCKBの二枚組ベスト。


クレイジーケンバンド(Crazy Ken Band)
『Crazy Ken Band Best / Oldies But Goodies』(2004)

バンドのグルーヴは素晴らしいし、ホントにセンスいいですよね。このヒトら。
「発光!深夜族」とか「インターナショナル・プレイガール」とか「空っぽの街角」なんて、超カッコいいデス。

そして、剣サンは、歌、ホントに上手いと思う。
このベスト盤のタイトルチューンでもある「Oldies But Goodies」なんて、シミジミと効きますゼ。スモーキー・テツニ氏の“挫けるな~”も効くけど。

二枚組のベスト盤。
二年半前くらいに出てて、即買いしてた気がする。
曲目、曲数、実に充実。

これぁ、クレイジーケンバンドのベスト盤なのですが、現在進行形ジャパニーズ・ポップ・ミュージック全体の中での(いや、東洋全体と言うべきですね)、奇跡的・音楽的・変態的・猟奇的・良心的な音楽のベストみたいなモンですね。

名曲多数。
ストレンジ曲多数。
踊り笑い鳥肌立てろ。
と言うコトで夜露死苦。

オレ、思う。
今、売れているヒトで、「大手レコード会社臭」を全然させないバンドとかヒトって稀。そういう意味ではCKBはそんな稀な人達の圧倒的に先頭。音楽創造者としてモノ凄く良心的なんだと思います。
見た目のアクの強さとは違って、繊細な音、多数ですしね。
(見た目通りのアクの強いサウンドも当然多数。)

そんな訳なので、「イーネッ!」のお兄さんが気になっているという、アナタ。
騙されて、買っちまいましょう、CKB。

それにしても「せぷてんばぁ」。
今の今の今、聴いてもチョ-名曲ね!

(コノ流れだと次回はEW&Fのベスト盤デスね。)


↓「せぷてんばぁ」
クレイジーケンバンド - せぷてんばぁ - EP


一日一クリックよろしくお願いします  人気blogランキングへ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。