These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒板五郎とジャズ・メッセンジャーズのクール・ドバ。



アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ(Art Blakey And The Jazz Messengers)
『Three Blind Mice Vol.1』(1962)

この表情は、どう見ても田中邦衛サンだ・・・。
だが、演奏内容は、朴訥とはしていない。

JMですから、当然ながら、ドバドバが予測されていたものの、ウェイン・ショーター(Wayne Shorter)が知性とクールネスとオカルトを持ち込んだので、汗臭さがかなり引いている。まぁ、黒板ブレイキーのタイコは、ドバ~っとしているようで、意外に繊細だったりするので、ドバドバの元凶だったボビー・ティモンズが去った今、いや、今じゃなかった、1962年ですが、過剰にドバドバしたりはしない。チキショー、淋しいぜ。

ですが、コレはまた、JMのピーク期の一つでありますから、音楽性は変わりましたが、ヒジョーにカッコよろしい。ティモンズから替わったシダー・ウォルトン(Cedar Walton)のピアノも、リズム、フレーズともに知性が感じられ、ショーター監督下の音楽にはハマっている気がしますね。
勿論、ドバドバが減少したと言っても、JMが突然ジミー・ジュフリーになる訳ではナイので、ドバ感はしっかり味わえる。
言わば、クールなドバで、「クール・ドバ」。

クール・ビズで聴きたいクール・ドバ。
ナツはやっぱりジャズ・メッセンジャーズだね。五郎さん。

試聴はココからドバっと。
Art Blakey - Three Blind Mice,  Vol. 1

できれば一日一回ドバ~っとクリックをお願いします blogランキングへ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。