These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルスの35分のボーナストラックは何とでも呼べと。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『Munich Concert』(1988)

1988年のミュンヘンでのライヴ盤ですが、ボーナストラックの方を目当てにして買ったヒトも多い筈。
ワタシもその例に漏れず。
つまり、1970年の、あのワイト島フェスティヴァルのが入っているのであります!
「Call It Anything」!35分03秒!
映像付きはこのDVDを必ず見て下サレ。
三年間は鼻血が止まらなくなりますが、ガマンしましょうね。

で、今回の記事のはCDなので、音だけなんですが、映像無しでも、やっぱりコノ演奏は、スゲェですね。
コレをその場で聴いていたロック・ファンは、ワカル人は度肝を抜かれたでしょうし、ワカラン人は呆気にとられたでしょう。
スゴい迫力です。

で、凄い迫力なのですが、スピード感とか、切れ味の鋭さ、とかいう方向のスリルがメインではない気がする。
それは、多分、コード感とか調性が希薄な為だと思うのですが、結果として、ワタシは、何よりも「力」を感じます。デカい斧とかで、切れ味なんか関係なく、目の前にあるものを、とにかくブった斬って行くような感じ。
結果的に、ブった斬ってしまう物の量は、コッチの方が圧倒的に多い、とかそんな感じですね。

やっぱ、1970年のマイルスはスッげェーです。

1988年のミュンヘンのは、また改めて。

ぢゃ。


ボチっと一つお願いします  
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。