These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「半」までは「減」になりません。


ローラ・ニーロ(Laura Nyro)
『Season Of Lights』(1977)

コンプリート版の方ッス。

"天才シンガー・ソングライター"のライヴ・アルバムで、バックがジャズ・クロスオーヴァー系の方タチ、で、タイトルも似ている、というコトで、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)の『Shadows And Light』(1979)と比較されそうな気がするアルバムですが、ローラ派のワタシでも、この勝負は、ジョニの勝ちです。




そもそも、ローラ・ニーロは、閃きパフォーマー型のシンガー・ソングライターですからバンド向きではないです。
基本がイーヴン・テンポで演らざるを得ないバンド・サウンドの中では、自在に操るテンポとダイナミクスという、強烈な閃きを活かせなくって魅力半減となります。(まぁ、「半」までは「減」になりませんけど。)
だから、ローラ・ニーロの最高のライヴ・アルバムは、弾き語りで、コーラス隊も入らない、『Spread Your Wings And Fly 』(1971)になると思います。



とは言う物の、このアルバムでも、弾き語りを基本とした演奏が幾つかあって、それは、やはり素晴らしいですね。
「When I Was A Freeport And You Were The Main Drag」とか、最後の「Midnite Blue」とか。

逆に、「Mars」とか「The Cat-Song」の、バンド・フィーチュアのパートは要らないんじゃないですか、と思います。グルーヴ求道野郎で、バンドサウンド・ジャンキーのワタシが言うのですから、まぁ、そう言うコトなんですよ。

でも、聴こう。
ローラ・ニーロはスゲぇ。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。