These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルスのアナキン時代でリラクシン。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『Relaxin'』(1956)

マイルスと言えば『Kind Of Blue』(1959)が、突出して有名な気がしますが、ソレ以前のアルバムで、ワタシが一番好きなのはコレです。(タダシ、マイルスの1950年代のヤツは10枚程度しか聴いたコトがないので、もっとエエのがあるかも知らん)

1960年代半ば以降のマイルスは、「癒してくれない系オンガク」なダースベイダーになるので、リラックスとか、しみじみとか、ほのぼのとか言うのとはほぼ無縁になりますが、『Kind Of Blue』以前にはソレがあるような気がする。特にこのアルバムはタイトルからしてリラクシンでありますし、まぁ、そういう雰囲気があります。

演奏曲目は、イワユル歌物が中心。(ボーカル入り、という意味ではないですぞ。為念。)そして、テンポもゆったり目が中心。と、書きたいトコロですが、実はテンポは、半数の曲はナニゲに早めの設定。ただし、ソレが急速に聴こえない余裕が感じられます。だから、「スリル!スピード!サスペンス!」とか言う方向には、ほのぼのとソッポを向いているんであります。

ラッパについては、ほとんどミュートでのプレイなのに、ピンと張りつめたという感じはなくて、暖かみがあるという感じで、ソロはいい意味で鼻歌系。だから、これは家庭で聴けるジャズですね。
しか~し、それにしても、マイルスのこういう歌うソロも実にイイもんですね。

数年後には、トランペットの一音で空気を凍らせたり、空間を灼熱に変えるたりする帝王も、ムカシは青年だったりしたのだなぁと思うコトができる。
まぁ、ベイダーもムカシはアナキンだった、と思えば、そういうコトでしょう。
聴こう。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。