These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルスによる究極の追悼曲。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『Get Up With It』(1974)

先日、このアルバムの一曲目が、ワタシにとってまだ高い敷居である、というようなコトを書きましたが、今日、聴いたら、もンのすごい悲しみの音楽だというコトがヨウヤク分かった!
スゴい深い悲しみの音楽!
こんな深い悲しみの音楽は他に聴いたコトがない・・・。

曲のタイトルは「He Loved Him Madly」。
デューク・エリントンへの追悼の曲だと言われておりますが、これを聴くと、マイルスが、どれほどデューク・エリントンを敬愛していたかが分かる。
と言うか、今日、分かった。
凄い曲です。凄い演奏です。

悲しみの表現が深すぎるので、これは、ダウンな時には聴かない方がいいかもしれない。そう思ってしまうほどに深くてスゲぇ32分です。(あ、32分続くんです、この曲。)

というコトでありますが、梅雨が来ようと明けようと、電気マイルス道は、まだまだ続くのでありまッす。HA!

ちなみに、このアルバムには、一昨日亡くなったビリー・プレストンをタイトルに冠した、スバリ「Billy Preston」という曲が入っていますが、コチラはファンキーな演奏。
この、二曲で今日はビリー・プレストンを追悼したいと思います。
(後で、多分ビートルズも聴きますが。)
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。