These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正体見つけたり。

世間的にはあまりそう思われてないかもしれないけど、モダンチョキチョキズはただのオモシロバンドではなかったよなぁ。音楽的にも高度。・・・と言うか造詣がフカイというか、タダモノジャナイ感が漂ってましたね。

1993年リリースの『ボンゲンガンバンガラビンゲンの伝説』というアルバムがありましてですね。そん中に「アルサロ ピンサロ(パヤツのテーマ)」って曲があるンですよ。それがですね。完璧な本物のサルサなんスよね。



他のジャンルでも同様だと思いますが、本格的にサルサ・ラテンに取り組んでるワケではないミュージシャンが、それっぽい雰囲気を出そうとした時のサウンドって、スッゲぇ偽物感があるんスよね。実際、本場のサルサでは使われない不思議な音楽的イディオムがテキトーに使われていて、そのいい加減な仕事ぶりに、聴いていてムカムカがとまらないコトも多いワケですよ。

でも、モダチョキはそういうコトが無いんスよね。本格的な音楽を聴かせるコトが主眼じゃなくって、オモシロイものを聴かせるコトが主眼だろうに、音楽自体もしっかりと作る。これは、なかなかできるコトじゃないよね。

さて、そんで、その上述の「アルサロ ピンサロ(パヤツのテーマ)」ですが、この曲の元ネタらしき曲が最近偶然分かったんスよ。

コレです。



ソノーラ・ポンセーニャ(Sonora Ponceña)です。
サルサファンなら誰もが知ってる名門バンドですが、この曲は、スゲー有名な曲というワケでもないし、単にサルサっぽい音があればイイのなら、もっとポピュラーなトコロをネタにすれば楽なのに、よっくもまぁ、こんな渋いトコを元ネタにしたな、という感じ。思わず、スゲーなモダチョキ、と唸ってしまったワケです、ワタクシ。

そして、モダチョキの「アルサロピンサロ」は、そのアレンジ、演奏が見事です。
あくまでもネタとしての音楽だから、オリジナリティなんてないけど、
キチンと本物。適当な感じは一切なし。スゲぇカッコいいサルサです。
ミュージシャンのクレジット見てもサルサ・ラテン界の方も確り載ってます。

そんで、これだけシッカリ作っておいて、乗っかるのはファニーで脱力なボーカル(…というかキャラ)ですよ。
音楽をネタにして遊ぶけどしっかりと敬意を払う。
オモシロイだけじゃないモダチョキ。カッコいいと思う所以でゴザイマス

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。