These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーズと私。

byrds


なんだ、このタイトルは。
「バーズと私」って。

まぁ、良いのですが。

んで、バーズと私の出会いは、
まぁ、コーコーセーの頃でしょう。

どうせ、イーグルスかなんかのライナーノーツに、
「ウェストコーストロックはバーズの流れを」的な、
ヒョーゲンが載ってやがったのデスよ。
違ぇねぇ。

んで、そうだ。

買った。ベスト盤。

んにゃ、買ったってか、
売ってねぇから、注文した。
(当時の店頭に置いてる訳がナイ。)

多分、1986年のコト。

アタクシ、16歳。

あのね。
80年代後半で、ウェストコーストロックを追究するコーコーセー。
そんなの、あんまり居ないよ。

(念の為に言っておくと、高校の修学旅行で行った京都で買ったのは、
 レコードよ。Buffalo Springfieldの『Again』(1967)。
 ・・・スンバラシク、アホウでしょう。)


んで、なんだ。

ベスト盤につづき、「週刊FM」の「売ります買います」で、
何枚か、バーズを入手したんスよ。飛びます、飛びます。

買ったのは、コレだ。

『Ballad of Easy Rider』(1969)
『Byrdmaniax』(1971)

どちらも、かなり、ゲソ盤とされているヤツ。
スーパー奇跡的に、間違った入門だべ?

しっかし、当時の、イナカのコーコーセーには、
それがゲソ盤という情報など、届く訳がナイ。
んな訳で、入手した時は、ふんとうにウレシかった。
(同時に入手したのが、Little Featの『Last Record Album』(1975)。
 コレは、今でも大好きな、大トロ盤デス。)

んで、ナゼか、友人から『The Notorius Byrd Brothers』(1968)も、
貰い受け、イナカのコーコーセーにしては、割とキセキ的に、
バーズの収集を開始できていいたのでアリます。ぶぶひひ。


・・・少々長くなったので、本日はこのヘンで。

・・・と思ったのですが、ィやっぱり、後の事を書くと。

ダイガクに入りジョーキョーしてから買ったCD二枚は・・・。

『Fifth Dimension』(1966)
『Younger Than Yesterday』(1967)

結局、バーズのベストはこの二枚なんでねぇか?



・・・という結論に達したのは、実は、本日なんデスが、
ええ、そう言えば、ダイガクを卒業してから、
20年くらい経つのに、なんで、イマコロそう思うのか。

それは、某茄子の発生による、オトナ買いの結果なのです。

大体、バーズが好きだ、とか言って、
『Mr. Tambourine Man』(1965)を持ってないのはオカシイ、
と思い、『Turn! Turn! Turn!』(1965)と、それと、
『Sweetheart Of The Rodeo』(1968)と、それと、
『Dr. Byrds And Mr. Hyde』(1969)をオトナ買いした。

んで、これで、25年かけて、かなり、バーズのアルバムって、
ワタシ、揃って来たんスよ。(ニホン語、崩壊中)

して。

分かった。



オレ、バーズ、アンマリ、好キジャ、ナイカモ。




ん~。

ナンテ、コッタ。

ん~。

ドウシヨウ。

いや、もう、どうにもこうにも。


25年かけて醒めるって、一体、どう~なのよ。





(オレ、バーズが好きなんじゃなくて、
 デビッド・クロスビーのオンガク好きだったんだ。
 ・・・と、そう言えば、かなり前から分かってた。
 マッギンのオンガクが好き、じゃないんだから、
 もぉ、全然、元からバーズじゃないねぇ~。)


blogram投票ボタン

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments
 ハッピー・バーズ・ディ
私とByrds とのお付き合いは
薄く長く続いております。
グレイテストヒッツだけあればいいか・・・と
最近は思っています。
私は正しく(?)『Mister Tambourine Man』から入りました。
(念のため、リアルタイムではありません。)
そのずーっと後で
Gram Parsons からまた Byrds に再会したりしております。

・・・それでも好きかどうか。

結論に達しておめでとうございます。
 
25年かけてもZAPPAのアルバムはまだ全然そろってません。
 
Chunkyさん。

なんか、バーズより、「バーズ周辺」とか、
「元バーズ」の方が、自分には魅力的な気がして来ています。
しっかし25年は結論まで掛かり過ぎ・・・w
 http://bugalu.blog57.fc2.com/
ayucow!

『The Notorius Byrd Brothers』の節はどもどもどもどもw

ZAPPAは数が多過ぎますって!

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。