These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッキリ言って、天才だと思います。



あの悶絶的な天才楽曲、aikoさんの「花火」(1999)ですが、
ここで聴ける島田昌典氏のピアノも、また、天才的にイマジネイティブです。
ってか、ハッキリ言って、天才だと思います。

氏のピアノは、4分38秒の間、どこを聴いてもスゲェのですが、
ワタシが特に悶絶したのが、2コーラス目の冒頭。
1分50秒あたり。

ホントに、もんのスゴク、凄い。

ベースの下をピアノが潜るんデスぜ。
ぐいん、ぐいん、と、潜って捻って、ベースに巻き付いてグルーヴするんデスぜ。
しかも、この低い位置でのピアノとベースの絡みが聴き取れるように、
(多分そう言う意図で)ココのドラムのハイハットはクローズになってるんデスぜ。
(アレンジャーとしてのセンスもスゲェ。)
思わず、「くぅ~っ」って言って、ハナイキも荒くなりますワな。

で、次の瞬間には、空を飛んでるんですぜ。
もっかい、「くぅ~っ」って言って、ハナイキも荒くなりますワな。

この、魔術師的なピアノ弾きは、ホンンントウにスッゲ~ぜ。

前ノメリなaikoサンのヴォーカルもスゲぇグルーヴしてるぞ。
「な~いんです」の「いん」のトコロに掛かる遠心力もスゲェし。

そして、ドラムが随所で花火になってる・・・
ビックリしたのは3分30秒のあたり。
3秒の静寂のあとにドラムがスターマイン化してるぞ!
(ベードラが花火の打ち上げ音に化してるのは当然のコトね。)

もう、すっかり書き切れないほどに、聴きドコロ満載。
エンディング近くのヤケクソ・ノイズなギターもスゲェぞ。

ん~、それにしても、奇跡の一曲だな。

Aiko - Hanabi


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村


押忍、押忍、押忍。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。