These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一瞬のオモテ」が生む加速。


ジャクソンズ(The Jacksons)
『Destiny』(1978)

これ、最高です。

掛け値無し。最高です。

マイケルのヴォーカルは「成熟」の直前です。
正に、熟れようとしている、その瞬間、と言う感じ。

そして、サウンド・プロダクツは、正に「熟れた」瞬間、と言った感じ。

この両者のバランスが、このアルバムの魅力、だと思います。

1978年、マイケル19歳。

時期から想像して、スバラシイ出来に決まってる、
とは思っていましたが、ココまで素晴らしい作品だとは思ってませんでした。

ファンキー。
タイト。
キャッチー。

勢いにプラスして、緻密さがあります。
緻密さが、勢いを殺していません。
最高のバランスで、作品が仕上がったんデスね。

The Jacksons @London Destiny Tour 1979 (Things I do for you)


一番気に入ったトラックは「Things I Do For You」。
Bメロにあたる部分のマイケルのヴォーカルのグルーヴがスゲェです。
CDなら49秒から、このYouTube映像なら、46秒からの一節です。
16分音符での、裏拍で、裏、裏、裏、裏、一瞬のオモテ、そして裏、裏。
このヒトのヴォーカルが生むグルーヴ感って、スッゲぇね。
「一瞬のオモテ」が生む加速感。最高だと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。