These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原田知世『Tears Of Joy』(1990)


原田知世
『Tears Of Joy』(1990)

はい。
音楽的には全面的な賛成は致しかねます。
ただ、良く出来てるという事に間違いはありません。

でも、ソコまでなんスよね。
惜しいです。

この頃になると、知世さんの歌唱力はパーフェクトです。
肺活量と腹筋で圧倒する歌唱法とは対極にあるワケですが、
実に正確に緻密に丁寧に歌い、「圧倒唱法」に向いていないヒトの歌唱法としては、
これ以上にナイと言ってイイほどの、「見事なお手本」みたいな歌を聴かせてくれます。

それはそれは、大したもんですよ。

特筆すべきは、母音の発音の美しさ、でしょう。
とくに「あ」段。
元々、恵まれている声の美しさと相俟って、
ここまで濁りのない歌声って、そうはナイように思います。

ただ、音楽としては、イマイチ、魅力に欠けますね。
楽曲のアレンジ。
サウンド・デザイン。
いずれもキレイ過ぎます。
バランスが良過ぎです。

従って、耳がドコにもフォーカスしません。
スリルがない。
素材が良いだけにモッタイナイですね。

ただ、知世さんのアルバムの中では、
声の美しさを最も活かせた作品かもしれません。

そこだけ聴くんだったら、スゲェ良いアルバムかもしれませんね。

この2年後のアルバムの制作にあたり知世さんは、
自ら鈴木慶一氏を訪ねてプロデュースを依頼。
滅茶苦茶なバランスのパーツを組み合わせてバランスをとる、
そんな鈴木氏のプロデュースで原田知世の音楽は花開き、
んで、そっからは、怒濤の名盤ラッシュですね、っつ~事で、
時々、原田知世の音楽について書きますので、ィよろしく。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。