These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ィやっぱりピアノの音ってぇのは、あれだね。

ィやっぱりピアノの音ってぇのは、あれだね。
高音のキラキラってぇのが聴こえないとイケないよ。
ぇえ、おまいさん。
と、ワタシは思います。

だから、1950年代のブルーノートのピアノの音は、
まぁ、雰囲気があって良いのデスが、
ピアノの音が生み出した筈のグルーヴが聴き取りにくいと思います。


Sonny Clark『Sonny Clark Trio』(1958)


例えば、コレとか。
典型的に高音のシャープさが聴き取りにくい。
(音楽的な内容に文句はアリマセンぜ。)

当時のレコーディングの機材や技術の限界というモノが、
厳然として存在したでしょうから、
こういう音で録れているコト自体は仕方がナイのかもしれませんが、
ジャズのピアノの音はこういうブルーノートな音じゃないとダメだよ、
ってぇヒトも居て、それは、まぁ、個人の嗜好ではアリマスけどサ、
ピアノ弾きが苦労して生み出したグルーヴを聴き取ろうとしないのは、
まぁ、勿体ないと思いますね。

特に高音域での高速パッセージは、絶対にコロコロした音より、
キラキラした音で聴いた方がスピード感が増す気がします。


Bill Evans『The Brilliant』(1980)

例えば、ビル・エヴァンスのフレーズなんて、
やっぱり、キラキラ・ピアノで聴きたい。
このオッサンの、スパっと切り刻むような、
裏拍に高音のピークが来る連続断面フレーズ攻撃は、
角がとれたコロコロ・ピアノじゃ、スリルが薄れます。

ぇえ、お話にまとまりはありませんが、
つまり、ピアノがキラキラ聴こえるアルバムだと、
取りあえずラクにグルーヴを聴き取れるので、
ホッとするってぇ、オハナシでした。

ちなみにワタシはオーディオにカネを掛けるタイプのヒトではありません。
もちろん、それはボンビーだからですが。

※それにしても、ソニー・クラークの上掲のアルバムは、
 ジャケットが(も)最高デスな~。


にほんブログ村 音楽ブログへ ←クリック、お願いします。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。