These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりのレベルで、ウルトラCOOOOLです。

本日もキヲンを除けば、実に正しい自転車ビヨリ。
さぁ、ブワ~っと、和田峠に行きますガな~っ!










はい。

乗りませんがな。

今日は、ライヴの日です。
さすがに当日は乗らん。

ハイ。
では、今日の一枚。
5年振りくらいに聴きます。


『Bellita Y Jazztumbata』(1997)

Lilia Exposito Pino "Bellita"と言う姉御のバンドらしいデス。
この姉御、ヴォーカリスト兼ピアニストですが、
かなりのレベルで、ウルトラCOOOOLです。
キューバ版のタニア・マリアって感じです。
いやぁ、実にカッコええデス。



サウンドは、キューバらしくないサラっとした感触のラテンジャズに、
ウルトラCOOOOOLなヴォーカルが乗っかります。
間抜けな要素や、スットコドッコイな要素は全て除いてありますから、
ノドカでも良さげな曲でも、スピードとスリルが漂ってます。
スキャットもカッコええでス。

楽器は、基本的に電気です。
ベース、ギター、ピアノ。
いずれも、アンプラグドではなく、
奥の深さ、濃さより、エッジの鋭さで勝負って感じですね。
比較的多めにフィーチャーされる、エレキベースのソロも、
カッコええですね。ガッツリ噛み付いて、前に出る感じのソロ。

んで、打楽器は、音色こそ現代的な響きに聞こえますけど、
しっかり伝統ですね。バタも結構聞えて来ますもんね。
その、バタで叩き出すサンテリア的土俗信仰的空間に響く、
電気増幅された現代のラテンジャズ。
なかなかのモンですよ。

どうせ、二度とプレスされないCDだと思います。
見つけたら、買っておいてくらさい。
はい。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。