These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼ポタ@ワダトウゲ。



今日は、結論から言うと、ヒルメシには肉を食え、と言うお話デス。

出発は7:00。
もちろん朝です。
行き先は決めてませんが、和田にでも行くっぺか、とウッスラ思ってます。
で、登戸~中之島と来て、府中街道から尾根幹線へ。


はい。コレが今朝の尾根幹線の風景です。
まちがってません。

で、南大沢まで来ましたら、尾根緑道へ入ります。
尾根緑道は、日陰が多いデス。
日陰は涼しくて、エエです。
日差しはあっついですが、風は意外にも涼しく心地よいです。

取りあえず、一休みします。
で、座ると、暑いです。
風が当たらないと、やっぱ空気は暑い。

では、行きます。
まずは陣馬街道へ参りましょう。


はい。着きました。幾億ものバルタン虫の死骸を乗り越えて、陣馬街道までやって来ましたよ、オニイサン。
(※バルタン虫【ばるたん-ちゅう】:一般的にはセミと言いますね。当ブログでは、バルタン虫と呼びます。万障繰り合わせの上、ご了承頂きたい。)

陣馬街道はのんびりとした空気が流れる田舎道です。
山村と言う感じですね。
実はこういう道を走るのが一番好きなんです。

畑、森林、川。
青い空。
白い雲。
そして、バルタン虫。

なんかヘンか?

こんなバス停の風景もまた良し。

あんまりにもキマリ過ぎな名前のバス停なので、思わず引き返して写真を撮ってしまいました。

では、たっぷりと陣馬街道を楽しみましたら、いよいよ・・・。

・・・いよいよ、行きたくね~けど、行きます。
10:46:00、行くで。

こっからは峠の頂上まで、写真はありません。
んな、写真撮る余裕なんか、あるかっつの。ね~。

ハイ。
では登り始めましょう。
和田は、他の峠道と違って、割合すぐにサクっと本番のキツいノボリになります。
でも、最初の3分くらいは、まぁ、まだ余裕はあります。
逆に言うと、最初の3分を除き、後は最後まで死にそうにキツイってコトです。
で、キツイのですが、基本的に日陰が多く、割合と涼しいので、夏は意外にオススメの自転車スポットかもしれません。(←頼むから騙されてくれ)

で、当然ですが、3分過ぎからはず~っと、ファイナルローです。34:25です。
出来れば、ニョロニョロとでも登りたいのですが、実際には、んぐぐぐぐんぐぐぐんぐぐぐげるぐぐ、と言う感じでしか登れません。
従って、ココからは21分間、んぐぐぐぐんぐぐぐんぐぐぐげるぐぐ、が続きます。(あ、24分掛かりました。遅いでしょ。)
最後の方はスピードは5~7km/h。ケイデンスは37を記録しました。
ん~、なんだ、このスピード。
これじゃ、ポタだ、ポタ。
和田峠ポタだ。
鬼ポタだ。

「趣味はポタリングで~す」と言うみなさん。
ココは日陰が多くて涼しいので、ポタリングにオススメですよ。(←騙されろっ!)

で、和田っぺに行ったコトが無いヒトに、どんだけキツいかを言いますとね。
呼吸が苦しいとか、筋力の限界とか、そんなんじゃなくて、ワタシの場合、ゼーゼー言い過ぎて(←言いはしません)、呼吸をする為の筋肉が痛くなって来ます。最後の方が、阿呆みたいにスピード落ちるのは、そう言うコトなんです。実は最後の方、ちょっとだけ、比較的緩い勾配の続く区間があって、心拍は150くらいまで落ち着いてたりするんです。でも、そういう状態なので、スピード上げられないんですよ。ホント、鬼峠です。
しっかし、3.6kmに24分も掛かるとはね。キビシ~ッ!


和田峠的御約束画像。定番ですね。


峠の茶屋です。
平日の11時過ぎなので、さすがに誰も居ません。


で、登って来たトコを見下ろします。
こんなトコを登って来たんですね~。
でも画像で見ると大したコトないですね。フンっだ。
・・・それにしても、標識とか看板とか多過ぎねぇか?
それとも、なんかの間違い探しでしょうか?
「東京都」って書いてあるべき所が、「ヒガシ京都」になってるとか?
あ、ソレ、漢字なら一緒ね。間違いにならんか。

ではバッタに襲われる前に下りましょう。
藤野方面へ下ります。

ちなみにワタシは、下りはノロイ。
ノボリもノロイが、下りはヒトより全然ノロイ。
実際のトコロ、30~40km/hくらいで下るのが一番気持ちイイ。
んな訳だから、一気に下ったりしない。


で、ポタリングだから、こんな写真撮ったりします。


山だ~!!!


山田~!!!

・・・ザブトン二枚~!!!
(何故か、こういう時は「二枚」が多い。)

すべったトコで次、行きます。

ちょっとだけ下ると、富士山が眺望できる場所があります。

一休みするなら、和田峠の頂上よりコチラがオススメらしい。


でも今日は残念ながら見えませんでした。

ちなみに、こんな看板がありました。

ウマイこと言いますなぁ、などと思いますがね、私はハードボイルドだから、ゴミは持ち帰っても、思い出は持ち帰らない。
思い出などと言う、そんな甘ったるいものは、女どもにくれてやる。
だが、私は、画像データは持ち帰る。
・・・SDメモリーカードって便利。
2ギガも入っちゃうんだよ。
もう離れられない。(←そうか?)

で、ここからは非常に気持ちのよい、爽快なダウンヒル。
と言ってもワタシの場合、30~40km/hくらいです。さっきも言ったけど。
まぁトニカク、ココから藤野までの道は、他に無いくらい爽快で気持ちエエです。
和田前の陣馬街道も良かったけど、コッチもなかなかの田舎道なんですよね。
バルタン虫も居るし。(既に皆さん、結構な数、死骸ですが)

で、藤野から相模湖に出ました。
さ、この後、ドコに行きましょうね。
まだ、正午前だし、甲武トンネルから風張峠?
それとも、甲武トンネル→五日市→入山峠?

・・・とか思いましたけど、ココまで下って来て、徐々に暑さが応えて来ました。
熱中症になっても仕方ありませんので、ココは、一つ、オトナシク帰りましょう。
大垂水経由で、高尾に降りて、後はテキトーって感じね。

で、取りあえず、コンビニに寄って昼飯調達。
蕎麦とオニギリ。
結果的に言うと、この選択はキビシかったかもしれません。
もっと、ギラギラしたのを食っておけば良かった。
ミートソースとかサ。

それにしても暑い。
相模湖はなんか、暑苦しいイメージがあるんデスが、実際暑かったデス。
そんな訳で、まだ昼だっつのに、アッサリと疲れて来ます。
さっきまでの爽快感は何処へ行ったのでしょうね?
で、コレはどうも、国道20号の影響のような気がします。ここらヘンって、道幅は狭いのに大型車がひっきりなしに通るので、気疲れするし、風景も暑苦しくナリマス。今日の疲れの大半はココで拾った気がしますね。

トニカク、大垂水峠、参りましょう。
と、思ったら、ワタシを抜いた二人組のなるしマンが信号無視。
カッコわりぃね~。コレもまた、疲れがグっと出ますね。

まぁ、気を取り直して、登りますが、流石に、和田の後だけに、この峠は緩い。
峠と言う気がしません。(まぁ、しないデスよね。)

とは言え、ココラへんで、徐々に内蔵がヘバって来てるのが分かります。
胃腸が弱ってるな。って感じですね。

で、下って、高尾山口で一休み。

結構グッタリです。
北海道生まれのワタシはやはり暑さに弱い。
・・・そう言えば、痛いのにも弱い。
・・・それから、強い者にも弱い。
まぁ、許せ。

後は、町田街道、尾根幹線で帰ります。
で、鑓水で写真を一枚。

尾根緑道の終わりの側にある、給水所の塔ですけど、そう言えばコレって結構ブーガルー・テイストな建造物ですね。
60年代後半から70年代初頭に掛けての建造物と見ましたが、さて、どうでしょうか。

もう、この辺りからは、完全にポタペース。

尾根緑道をゆる~り。

そんで、尾根幹線をゆる~り。
で、稲城に入ると、あとは裏道ポタリング状態。
そして、日曜と同じように布田から多摩サイへ出ます。

コレが今日の多摩サイです。
花火の場所取りのようですが、いつの花火でしょう?

さ、そして、ココまで来たら後はいよいよ仕上げです。

吉崎ヒムロック。
かき氷より、冷えた麦茶が飲みたかったのデスがね・・・。
営業してる気配なし。

仕方がないので、あとは、ここから五分。
パンチの国の我が部屋まで帰って来ましたよ。

そんで、帰宅後。
バイクを掃除してたら、立ち眩みがして意識がトビそうになりました。
血が足りねぇってコトですかね。
やっぱ、ヒルメシは、肉とかガッツリ食っておくべきでしたね。

【2008/8/20の走行距離】
自転車:3号車(JAMIS VENTURA ELITE)
走行距離:130.4km
平均速度:20.2km/h(←ほんと、ポタだわ・・・)
最高速度:54.5km/h
平均ケイデンス:74(←死にそうでした)
最高ケイデンス:112
消費カロリー:3507kcal(←意外に消費してます)
平均心拍数:143
最高心拍数:187
ルート:http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=4c07826f66d9778c4245333ec6da1467

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。