These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾっとしながら妄想で自転車を組みました。

土曜日は早起き出来ません。
日曜日は翌日に疲れを残したくありません。

したらば、いつ、ロングで乗ればイイのだっ?
土曜の夜から日曜の朝かっ?

と言う、ジレンマに苛まれつつ、妄想で自転車を組みます。

2009年モデルのジェイミスのECLIPSE。
レイノルズ853のパイプを使用したクロモリのロード。

昨年、カタログから消えましたが、2009年モデルで復活です。

この、ECLIPSE、雑誌で見た限り、2009年モデルはカーボンとのハイブリッドから、フル・クロモリに戻ったようです(フォークはカーボン)。
ただ、スローピングになって、所謂「クロモリのロード」って印象とはちょっと違う感じ。

で、妄想ではコレにアルテグラを組み付け、ハンドル、ステム、ポストなどはリッチーのカーボンパーツ固めとし、サドルはサンマルコのアスピデ。

そして、ホイ~ルが、何故かシマノのWH-R500!!!
はっは。コレはあり得ませんな。
まぁ、レース指向ではナイのですが、ヘタレな体力を補う、それなりのホイ~ルは、欲しいトコロです。

さて、首尾よく妄想は終えましたので、これからSサイクルさんへ行って、入荷しているアレを交換してもらい、そんで、午後は固定散歩デス。

なお、土曜の朝の妄想タイム、BGMはコレでした。


原田知世『My Pieces』(2002)

湖畔の冷たい朝の空気みたいなスガスガしいアルバムでゴザイマス。
ここでは、70年代アメリカン・ロックな楽器編成と、アメリカン・ロックなアレンジ(北欧を経たアメリカン、らしいですけど)に乗った知世さんのヴォーカルが冴えまくってます。
ヴォーカリストをハードウェアとして考えると、決して恵まれたスペックを有しているとは思えない知世さんですが、そこは、センスと探求のタマモノ。
このアルバムでのヴォーカルの完成度の高さは、もの凄いです。
歌い回し、発声法。一体、どれだけ練ってココまで完成させたのだろうかと思うと、ゾッとするくらい凄い。
が、もしかすると、このアルバムのレコーディングの時点では、何も考えずにココまで歌えるレベルだったのかもシレナイ。(それはソレでスサマジイ話です。)

実は、かなり、オススメなんデスわ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。