These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆる~く復帰。CKBのファンクから。


クレイジーケン・バンドの昨年のアルバム『Soul電波』(2007)には、弩級の低重心ファンクが3曲収録されているワケですが、コレは掛け値なしにカッコイイです。

「HEMI HEMI DODGE CRUISING」
「LADY MUSTANG」
「てんやわんやですよ(album version)」

どれも、コンガ(伊達弦サン!)のパンパンに張った空気感がスゲェでぇ!
で、それぞれの曲から連想する曲ってのがあって、つまりね。


War「Low Rider」(1976)


Tower Of Power「Squib Cakes」(1974)


Sly & The Family Stone「Family Affair」(1971)

と言うコトなんスがね。

割と分かりやすく、コレらの曲を感じるのデス。
(モチロン、これらの曲ダケが源泉ではナイですよ。そんで、曲自体が似てる訳ではナイですよ。アレンジのソコかしこに分かりやすく連想させるパーツが組み込まれてるってコトです。)

で、コレ。
オンガクへの愛が浅いヒトに言わせると「パクリ」って表現するンすよね。

違うっつーのね。
ココには間違いなくリスペクトが入ってるモンね。
パクリなんて言う、浅いモンではナイわっつのね。
これは確実にオマージュだワ。

ソレをね。
パクリって言っちゃ、全然違うよね。

そして、これ、確実にCKB仕様の仕上がりだっつーのね!
それを聴き取れんかったら、モッタイナイじゃんね。
そもそも、パクリの要素のナイ音楽なんて、ドコにもナイでしょ!
ついでに言っておくと、連想したファンクの大御所達の曲より、ワタシはCKBのこれらの曲の方が好きだ。

もっと対峙して全身で感じろ。
あるいはもっと入り込んで全身で感じろ。
半端にアタマで聴くな。

と、まぁ、そんなコトで、やっぱ、オンガクっつのは、理性と生理のアイダで感じるのが一番楽しいと思うワ。

(復帰第一弾がワケの分からん音楽論でスマン、諸氏よ。次回は風張峠ズラよ!)

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブチブチブチブチブチブチ~っとヨロシクぅ~!!!
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。