These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90年代のジョニ・ミッチェル。

ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)と言えば70年代半ばから80年代に入るまでの、超絶充実期があるじゃないですか。あと、初期の方もかなり良さそうだし・・・、というコトで、ついつい80年代以降の作品に食指が湧かなかったりするンすけど(そういうヒトって多くないでしょうか)、どうせ、このヒトのコトだからダメな作品なんかある訳がない。

よ~し、では思い切って80年代スッ飛ばして90年代のを聴いてみよう。

と、そんな感じで90年代作品を随分前に二枚買いました。


『Night Ride Home』(1991)

ん~、これは深い。
深遠すぎて、個人的にはイマイチ楽しめない。
ってか、これ、詞が分からんとダメだよね。(当たり前か。)
70年代に比べ、(当然ながら)声は衰えていますし、サウンドに分かりやすい色気はないので、音だけで「楽しむ」線ではナイですね。歌詞カードを睨みながらもっと聴きこまないとダメそうです。だから、コレについては、まだ何とも書けません!



『Turbulent Indigo』(1994)

で、こっちは、『Night Ride Home』よりも、サウンド的には色気がありますね。
声は、当然、70年代よりザラついてますが、深みは感じます。
比較的分かりやすいアルバムで、繰り返し聴きたい気になります。
ジョニ・ミッチェルのサウンドの魅力である、オープン・チューニングのギターの響きも存分に楽しめます。でも、これも、もっと歌詞の内容を理解せんとダメだね。ワタシは、基本的に歌詞はどうでもイイという、サウンド・ジャンキー系の聴き屋ですが、ココらへんはやっぱり、「サウンド+歌詞」で総合的に聴かんとイカンなぁ。・・・勉強します。

さて、本日は雨。
通勤は電車なので、コレらを聴きこんで来ます。

というコトで、「つづく」なのでアリマス。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。