These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1分26秒からの3秒間。

最近ヘビロテしている音楽について、少しホザイテみるのであります。
オンガクに興味の無い方は、えぇ、ぶひっと飛ばしちゃってクダサイ。


「Legs」(1977)Zoot Sims - Jimmy Rowles
12733564524be5e0a4d3337_import.jpg

温泉ジャズ。
黒ビールジャズ。
枝豆ジャズ。
縁側ジャズ。

立派な誤解を生みそうな表現で恐縮ですが、上記のような感覚っス。
念の為に言っておきますが、ダラシないのとは違います。

新築の家に天然の温泉があり、そこから上がって、
広い庭の向こうに見える富士山を縁側に腰掛けて見ながら、
上品で絶妙な枝豆の銘品(そんなの知らん。)を食いつつ、
ギネスを飲むって感じのジャズです。(当たってるぅ?)

最高に気持ちエエで~。


「P.Y.T. (Pretty Young Thing) 」(1982)Michael Jackson
Michael Jackson_Thriller

この曲、マイコーのヴォーカル・テクが炸裂しまくっているんでないかい?
細かいトコまで集中して聴くべ!
アラ探しするつもりで聴くべ!
っつ感じで取り敢えず30回ほど聴きましたが、
聴けば聴くほど、マイコーはやっぱりスゲェ。
特に1分26秒あたりからの3秒間。
「Cool my fire yearnin'
 Honey come set me free」って歌ってるトコ。
(貼ってあるYouTube 動画では1分29秒から) 
硬軟、密疎、強弱、緩急を瞬間的に変化させてる感じですが、
ヒトって、こんなにカッコ良く歌えるもんなんスねぇ。
(このヒトにしか出来ないと思いますが。)





「A Summers Story」(2002)原田知世
12733554794be5dcd7c7281_import.jpg

この曲のヴォーカルも凄ぇっス。
『My Pieces』(2002)は、原田サンのヴォーカルが、
神懸かっている時期のアルバムですが、
その中でも最高なのがこの曲と3ヶ月前に気づきまして、
えぇ、そっからエビロテ中です。

高出力ヴォーカルをスペック的に望めないヒトが、
低出力のままで如何に魅力的に歌うか、
という点において、こんなにスゲぇヒトは他に居ない。
多分居ねーと思う。
居ねーんじゃねーべか。
ま、ちょと、覚悟はしておく。
が、しかし、聴くと、やっぱスゲェと思うほかナイ。
ヴォーカルの輪郭線の変化の付け方が繊細でシャープで鮮やか。


「Carnaval」(2006)Coco d'Or
Coco d'Or2

あぁ、コレもスゲェなぁ。
瞬間的超絶加速感覚が凄いっス。(なんじゃソリャ。)
歌詞がリズムから、ほんの一瞬ハミ出し(瞬間の半分くらいね)、
そんでそれが元のグルーヴに戻る時の一瞬の感覚とか、
そんな感じのコトを言いたい訳なのですが、
ぇえ、マイコーと島袋さんは、ソレが特にスゲェっすよ。
(あ、この「Coco d'Or」ってのは、SPEEDの島袋さんの変名です)


「黒船」(1974)Sadistic Mika Band
12733581434be5e73fd6e6a_import.jpg

冒頭の「嘉永6年6月2日」。
曲自体は、「8分の9」。(拍子のコトね)
一方で、ドラムのパターンは「8分の6」で構成されている。
つまり長さが一致しない。
そこから生まれる「時間がズレて行く」感覚。
ここに16分音符中心のギターの刻みとか、
16分音符ウラのバスドラ連打とかが重なって、
“緻密に”ズレて行く感覚になってる(!)
へぇ、何度聴いてもカッコええねぇ。
高橋ユキヒロ師のドラム、タイトでスリリングで、やっぱエエなぁ。





「On The 4th Of July」(2002)James Taylor
James Taylor_October Roald

必ず豊かなJTのオンガク。
一体何が豊かなのか?
ソレが頭髪ではナイ事だけは確かなのだが、
ぇえ、一体、どういうコトなんでしょう?
JT

詩は多分深いんですが、曲の作りはオーソドックスで、
「驚き」はほどんど無い。んで、ヴォーカルは素朴。
音楽的には、すぐ飽きてもおかしくない。
なのに、豊かさを感じるのは何故でしょう?
頭髪(或はヅラ)の為に準備されたスペースが広いからか?

言えるコトは、このヒト、ギターが馬員、いや違う、上手いんスよね。
まぁ、ギターの響きが豊かと言えば豊か。
6thとかmaj7とか、9thとか11thとか?
そういうコトか?
まぁ、6th的な感覚だろうなぁ。

普通、音楽的「解決」とは、わざわざ「緊張」を作って、
それを解決させる事(V7th→I)で「緩和」を生むって事になってますが、
このヒトの場合、「緊張」も作りますが、
それよか、通常の「緩和」から「更なる緩和」って流れの感じがする。
当たってますか?(当たってる訳ねーだろ)

blogram投票ボタン

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

イーグルスピッツJT。

ここ二ヶ月でゲットした音源。
取り敢えず感想をばアップ。(完全なる独り言記事っス)
当ブログは音楽ブログなので、音楽のコトは取り敢えず、
何でもドバドバ書くのであります。どばどば。

*Eagles「Get You In the Mood」(1972)
Eagles_Take It Easy

デビュー曲「Take It Easy」(1972)のシングルのカップリング曲だそうな。
ブラック・ミュージック色が強し。
後年の「On The Border」(1974)や「Thoese Shoes」(1979)とかと同じ、
重く粘り着くビートの、あの路線のサウンドです。
んな訳でカントリーロック路線のアルバムには未収録だったんでしょう。
曲は、重く這うように粘り着くように淡々と進み、
なぜかギターソロのエンディングで、突如(ソコソコ)盛り上がります。
しかし、盛り上がってからが短い・・・。
ドン・ヘンリーのヘタクソな、ドカドカ・ドラムも、こういう場面では結構イケる。
で、繰り返し聞く愛聴曲になるかと言えば、そりゃ、なりますまい。

*スピッツ『おるたな』(2012)
spitz_おるたな
アルバム未収録曲を集めたヤツらしいが、クオリティが低いかと言うと、
全く、そんなコトは無し。っつか、スピッツの金太郎アメ感の高さは凄い。
ワタシ、何気にスピッツは好きなので、気がつくと、
10枚以上持ってたりするのですが(DLも含む)、
ベイシーとかJTのレベルに達している気がする。
大体、どれもおんなじってことで・・・(笑)
サウンド的にも何パターンかに集約できるしねぇ。
どんなサウンドの冒険をやっても、結局、ボーカルが全てをチャラにする。
・・・みたいな感じもある。
という訳で、買っても買わなくても良い一枚ですが、まぁ、買った。

・・・あ、これ、褒めてます。ホントに。
こんなにおんなじなのに飽きないってのは、
きっと、クオリティが高い証拠。どば。

James Taylor『October Road』(2002)
James Taylor_October Roald
んな訳で、金太郎アメの大家、JT。
米国製高品質金太郎飴マシーンが製造した2002年の一枚。
いつも通り。いつもとおんなじ。
またしても、いつも何かが豊かなオンガク。

おっと、時間だ。
けふはココまで。

上記以外で、ここ二ヶ月でゲットしたのは、以下のヤツらでございます。
これらについては、また何時か書きましょう。(←ホントに書く可能性5割以下)
注目は「Ratt」!ワタシは、L.A.メタル世代なのだ(笑)

*The Doobie Brothers『Minute By Minute』(1978)
*Ratt「Round and Round」(1984)
*古内東子『PURPLE』(2010)
松任谷由実『紅雀』(1978)
松任谷由実『流線型'80』(1978)
松任谷由実『昨晩お会いしましょう』(1981)
*livetune feat. 初音ミク「Tell Your World」(2012)

blogram投票ボタン

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

で、デカイぞ!

サイクリングヤマト便

輪行もイイけど、遠征にはコレか。

っつ訳で、サイっクリングヤマト便のタグをゲット。

きっと夏頃に使うでしょう。

しっかし、このタグ。想像以上にデカい。

というより、想像してなかった。

画像のDVDケースとの比較、みてチョーダイ。

(つづく) ←多分ウソ

blogram投票ボタン

にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村
プロフィール

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
01 | 2012/02 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1234567891011121314151617181920212223242526272829 02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。