These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最早、自転車乗りじゃないねぇ。

2月の走行距離は2kmで終了ってコトにほぼ確定。
最早、自転車乗りじゃないねぇ。
自転車シュミをヤメる気はないけど。


柴草玲



でぇは、以下、近況&所感やらを、ダラダラと書き散らします。

1. 遂に我が青春のニソー式洗濯機は御役御免となった。
  これからは洗濯板の時代だ。

2. とにかく、溜まりに溜まった、
  映像ソフト&音楽ソフト&本を減らす。
  あと、楽器も減らすか。
  使ってない打楽器がソレナリにあって、
  これが案外場所をとってる。

3. 段々、サイクロン・コンピュータが要らなくなって来た。
  ってか、まぁ、そもそも、乗ってねぇけど。
  でも、乗ってても、あんまり要らない感じ。
  ケイデンスとか心拍とか、もう、どうでもイイ。
  距離と、どこに行ったかが分かればイイかなぁ。
  つまり、GPSロガーに毛が生えたようなモンが
  あれば(そんなモンはナサそだけど)、それでイイってコトね。
  と言う訳で、GPSロガーにカロヤンアポジカ。

4. テレビつけながらソージしてたら、
  NHKで「江~姫たちの戦国~」が流れてましたが、
  ウエノさん、どうしても、「のだめ」にしか見えない。

5. ココ数ヶ月、オートチューンを使った音楽が、
  やたらとミミに付く気がする。コーダクミさんみたいな、
  元々声にチカラがあるヒトまで使ってどうすんだぁ?

6. 今年も私的に柴草玲ブーム継続中。
  ここ最近は、「ゴルゴ13のうた」と、
 「ローランド・カークが聴こえる」にヤラれた。
  特に「ゴルゴ13のうた」はスゲェと思う。
  これを聴いて、ブログ記事のタイトルだけ、
  思いついたんで、いつか書くかもしれません。
  タイトルは「泣き笑いしたい。」の予定。

以上、テラテラとダラダラとツレヅレなるままに書いてみました。
次は、いつになりましょうかねぇ。ぶひ。


blogram投票ボタン
スポンサーサイト

☆(ほし)いつっつアゲイン!

あれから5年以上経ちました。
イェア! ☆(ほし)いつっつアゲイン!

今現在、アタクシんちのiTunesで☆が5個ついている曲、
アタクシ的な言い回しをすると、
「この曲より凄い曲はナイ!!!」って、
ヤツを載せてみるのココロ。

えぇ、ヒジョーに、と言うか、イヨーに、と言うか、
自己満足度だけが高い記事でゴザイマス。恐縮至極。

また、監督に「ツマラナイ」と言われるな(笑)

ハイ、以下のとおりでございますのよ。

所有盤全曲推測二万数千曲のうちの、
上位のおよそ80曲って事にナリマス。


「Never Did I Stop Loving You」1970, Alice Clark(Black / Soul)

「Don't You Care」1970, Alice Clark(Black / Soul)

「Sister Golden Hair」1975, America(Rock / West Coast)

「Can't Get Enough」1974, Bad Company(Rock / Hard Rock)

「God Only Knows」1966, The Beach Boys(Pop / American)

「Autumn Leaves」1959, Bill Evans(Jazz / Modal Jazz)

「Blue In Green」1959, Bill Evans(Jazz / Modal Jazz)

「Waltz For Debby」1961, Bill Evans(Jazz / Modal Jazz)

「Cute」1993, "Carlos ""Patato"" Valdes"(Latin Jazz)

「(They Long To Be) Close To You」1970, Carpenters(Pop / American)

「Keep On the Sunnyside」1934, The Carter Family(Folk / Country)

「Basie-Straight Ahead」1967, Count Basie(Jazz / Big Band)

「Spiral」1976, The Crusaders(Cross Over)

「Five Years」1972, David Bowie(Rock / British)

「Where Are We Going?」1972, Donald Byrd(Cross Over)

「Hotel California」1976, Eagles(Rock / West Coast)

「Puerto Rico」1973, Eddie Palmieri(Salsa)

「Sai Dessa」1982, Elis Regina(Brazil)

「Saturday Night's Alright For Fighting」1973, Elton John(Pop / British)

「Love Thang」1979, First Choice(Black / Soul)

「Alone Again (Naturally)」1972, Gilbert O'Sullivan(Pop & Rock / SSW)

「Release Yourself」1974, Graham Central Station(Black / Funk)

「Anabacoa」1975, Grupo Folklorico Y Experimental Nuevayorquino(Latin / New York)

「Liberty City」1981, Jaco Pastorius(Cross Over)

「Don't Let Me Be Lonely Tonight」1972, James Taylor(Pop & Rock / SSW)

「Will You Dance?」1977, Janis Ian(Pop & Rock / SSW)

「All That You Dream」1975, Little Feat(Rock / American)

「Ungawa」1968, Louie Ramirez(Latin Soul / Boogaloo)

「Parlez-Moi D'Amour」1930, Lucienne Boyer(Chanson)

「Estoy Como Nunca」1983, Manny Oquendo & Libre(Salsa)

「Sweet Beginnings」1977, Marlena Shaw(Black / Soul)

「What's Going On」1971, Marvin Gaye(Black / New Soul)

「Give Me Up」1986, Michael Fortunati(Dance)

「Takes A Second」2001, Omar Sosa(Latin Jazz)

「How High The Moon」1956, Oscar Peterson(Jazz)

「Bark At The Moon」1983, Ozzy Osbourne(Rock / Heavy Metal)

「Reunion」1991, Paquito D'Rivera(Latin Jazz)

「Crazy Love」1979, Poco(Rock / West Coast)

「Middle Of The Road」1983, The Pretenders(Rock / British)

「Tell Me A Bedtime Story」1978, Quincy Jones(Black / Soul)

「Cocinando」1972, Ray Barretto(Salsa)

「Ya Vez」1979, Ray Barretto(Salsa)

「Feel Like Making Love」1977, Ricardo Marrero & The Group(Latin Soul / Boogaloo)

「Son De La Madrugada」1980, Roberto Roena(Salsa)

「The Boxer」1970, Simon & Garfunkel(Folk)

「Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)」1970, Sly & The Family Stone(Black / Funk)

「Sé Formo」1978, Sonora Ponceña(Salsa)

「You Are The Sunshine Of My Life」1972, Stevie Wonder(Black / New Soul)

「Me And Baby Brother」1973, War(Black / Funk)

「Limbo」1983, YMO(Electronica)

「花火」1999, aiko(J-Pop)

「COBALT HOUR」1975, 荒井由実(J-Pop Classic)

「きっと言える」1973, 荒井由実(J-Pop Classic)

「中央フリーウェイ」1976, 荒井由実(J-Pop Classic)

「幸せになりたい」1990, 今井美樹(J-Pop)

「万華鏡」1979, 岩崎宏美(歌謡曲)

「スカーレットの毛布」1978, 太田裕美(J-Pop Classic)

「サヨナラの岸辺」1981, 太田裕美(J-Pop Classic)

「木綿のハンカチーフ」1975, 太田裕美(歌謡曲)

「せぷてんばぁ」2001, Crazy Ken Band(J-Rock)

「あなたに会えてよかった」1990, 小泉今日子(J-Pop)

「ヘーイごきげんはいかが」1975, Sadistic Mika Band(Black / Funk)

「悲しきRadio」1981, 佐野元春(J-Rock Classic)

「Rock & Roll Night」1982, 佐野元春(J-Rock Classic)

「AZUR」1983, Tao(J-Rock Classic)

「銀の記憶」1994, 谷山浩子(J-Pop)

「Mind Circus」1996, 中谷美紀(J-Pop)

「Tron岬」1987, パール兄弟(J-Pop)

「100 LOVE-LETTERS」1996, 原田知世(J-Pop)

「ロマンス」1997, 原田知世(J-Pop)

「Pleocene」1989, 細野晴臣(World)

「Touch The New York Pink」1982, 松岡直也(Latin Jazz)

「Que Pasa Amigo」1980, 松岡直也(Latin Jazz)

「ピンクのモーツァルト」1984, 松田聖子(J-Pop Classic)

「ひまわり」1989, 吉田拓郎(J-Pop Classic)

「Everlasting Love」1991, 麗美(J-Pop)

「ボーイ・アンド・ガール」1969, 和田アキ子(R&B)



以上、ワタシは満足したので、ハイ、オシマイ。



blogram投票ボタン
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

コイツらは、なかなかイーんでナイかい?

イーグルスのアルバムの中では、
最もクソ盤のホマレ高い『The Long Run』(1979)。

個人テキにも、A面の最後の「King Of Hollywood」なんつのが、
イーグルスの曲の中でも、一番のクソ曲だと思ってまして、
まぁ、そんな訳で、アルバムの印象は良くありませんね。

12733541764be5d7c0b03cb_import.jpg

でも、B面とか、案外悪くないかも、
とは、ムカシから思ってました。

その中でも、最近好きなのは、B面の2~3曲目。
「Those Shoes」と「Teenage Jail」。

ヘヴィなんスよ。で、うねるンすよ。
重いグルーヴなんスよ。

イーグルスって、グルーヴについては、
ウスッぺらいバンドですが、
コイツらは、なかなかイーんでナイかい?



ドン・ヘンリーのヘタクソで重いドラムも、
この曲については、ケガの功名。

そのヘンリー先生。
ヴォーカルについては、このアルバムでも、
全体的に、かなりイケてます。

・・・と思いますでス。

んな訳ですので、ま、聴こう。

・・・気が向いたら。


(オススメ盤とは言い切れん・・・)


【2011/2/19のプレイリスト】
1. I Got The Chop / Tower Of Power 2:58
2. Whiskey Rock-A-Roller / Lynyrd Skynyrd 4:18
3. Don't You Care / Alice Clark 2:46
4. Recuerdos De Arcano / Bobby Rodriguez 5:51
5. Palos / Willie Bobo 5:14
6. YES MY LOVE / 矢沢永吉 3:56
7. Thunder Road / Bruce Springsteen 4:50
8. Mi Jeva / Joe Cuba 4:31
9. Love Beads / Ray Barretto 2:47
10. Moment's Notice / John Coltrane 9:11
11. Se Você Pensa / Elis Regina 2:58
12. Fuego A La Jicotea / Marvin Santiago 3:20
13. Time Loves A Hero / Little Feat 3:48
14. High School Cadets / Kenny Clarke-Francy Boland … 2:07


blogram投票ボタン
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

圧倒的2位のスッゲェな。

おぉ。アップされているぞ。YouTubeに。

柴草玲女史の「オリーブの実」が。

この曲。ワタシが昨年出会った曲の内、

圧倒的2位のスッゲェなと思った曲。

ちなみに圧倒的に1位は、同じく柴草玲女史の「前山にて」。





諸氏。

聴ける内に聴いておいて頂きたい。

YouTubeなんて、いつ、削除されるか分からんからねぇ。
(なるべくなら、CD、買って下さいね~。)


それにしても、スッゲェ曲で、スッゲぇパフォーマンス。

曲も、演奏も、歌唱も、全部スゲェ。
前にも書きましたが、五拍子という変則拍子で、
こんだけスウィングするのって、オレ、他に知らない。

ちなみに、ヘタな五拍子は、スピードついたのに、詰まる。
・・・の繰り返しに聴こえる。

けど、この曲は違いますね。
「待てる」と「待てない」が、交互に来る感じで、
その、揺れ幅が徐々に大きくなってくる。
それが、スピード感に繋がっている感じ。

だから、スタートは、淡々とゆったりなのに、
気が付かない内に遠心力が増し、
2コーラス目が終わる頃には、すげぇスウィング状況に。
(念の為に言うけど、テンポは一定っスよ。)

んで、間奏のストリングスでは、一気に風速と風量が増し、
んでもって、更に、コーラスで上げて、上げて、上げて、
更に上げて、上げて、そして、ストンと落とすトコのスリル。
いや~、スッゲェ~ね。

本当に圧倒されるワ。
これに圧倒されなかったら、オンガクなんて聴く意味ないと思われ。
(極私的意見につき反論はムシするっす)

更に、動から静への切り替え、鮮やか。

また、そっからの展開が、ん~、唸るな、コリャ。

単純な「動→静→動」ではなく、ウルトラじっくり型の、
クレッシェンドで、徐々に、冒頭の「淡々」に帰って来る。
そんで、循環する。という構造に聴こえるんでスけど、
でも、最後の淡々パートは、6拍子になっているという。
つまり、戻ったんだけど、違っている。という、螺旋構造。

繰り返しますが、アタシャ、圧倒されます。


blogram投票ボタン
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

炭売りの子孫。

今年は色々とモノを減らす訳なんスがね。
ウチ、自転車が6台あるんスよ。

これをどう整理するか。
いま、ソレを考えてます。

で、6台の内訳を書きますとね。

1. ロードレーサー(クロモリ)
2. ロードレーサー(カーボン)
3. トラックレーサー(クロモリ)
4. 小径フォールディング(クロモリ)
5. ハードテイルMTB(クロモリ)
6. ハードテイルMTB(アルミ)

ハイ。以上となります。
まぁ、贅沢モンというか、道楽モンでゴザイマス事よ。

で、半分に減らそうかと。
そんな事なんスがね。

どれから手放すか。

一番乗ってナイのから順番に。
・・・が正しいでしょうねぇ。

で、圧倒的に乗ってないのが、
カーボンのレーサーです。

大体、オレ、レーサーじゃねえもんなぁ。
カーボンの勝負車体なんか乗らないんスね。

・・・と言う訳で、最初に手放すのは、
炭車体で、ほぼ決まりかな。

xenith

まぁ、ウチの先祖は炭商人だったらしいから、
炭を売ろうっつのは、遺伝子的判断だな、きっと。(←蒙)

ちなみに、一台しか残してはイケナイ場合、
きっと、クロモリのロードレーサーを残しますね。

blogram投票ボタン

にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村
 
ランキングに参加中。

プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728 02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。