These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキシューには、ひゅるりらら~。

先週、1号車(JAMIS CODA SPORT)のリアのブレーキシューを換えました。
多分三度目。

で、久しぶりに見ましたが、これがビックラこくぐらい、金属片が刺さってマス。

赤で囲ったトコがそれなんです。

正直なトコロ、交換を怠りました。
およそ、8ヶ月。
距離は、3000kmくらいかな。

リムにいい訳ないワな。

も少し、気をつけます。

ちなみに、このシューは、シマノのDeoreのヤツです。
Vブレーキ自体は、テクトロなんですが、物欲党員としては、ブレーキ自体をシマノのXTRにしてやろうかと・・・。

・・・今の所は思ってません。

高ぇもん。(前後で17000円超。)
でも、XTならあり得るかな?
それともLXか?

ま、どっちにしろ、来年春の話デス。

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

1000kmなるか11月?

11月の走行距離は、今日までで、若干の誤差を含みつつも945.94kmです。
明日、25kmは乗るでしょうから、まぁ、970kmはほぼ確実。無理に30kmを余計に乗れば、二ヶ月連続で1000km突破となります。
平日に、余分な30kmは難しいデスけど、やってみますかねぇ。

来月以降、本格的な冬になれば、正直、ロングや峠は厳しくなるでしょうから、距離は伸びない可能性も高いンですけど、能天気な野望としては、道志みちで山中湖とか、風張峠とか、標高1000m級がアリマス。ウェア的には、冬装備も揃えましたンで行ってみたいんデスけど、でも、道路凍ってたらヤバイし、あの、段田熊、モトイ、ダンタクマ氏も、冬はロングライドはお預けって書いてましたし、やっぱり距離稼ぎは、内陸の平坦路でしょうか?

多摩サイ二往復とか、やるンでしょうかね?

ん~、自転車は暑くても寒くてもキビシイですな~。

にほんブログ村 自転車ブログへ

原田知世『music & me』(2007)その2


原田知世というヒトが、ものスゴいシンガーだというコトは、世間一般はあまり認識していないと思うので、この際ワタシが強調しておきます。

ホント、このヒトの歌唱力はスゲぇハイレベルよ!!!

念のため、言っておきますが、ワタシがココまでこの方に入れ込むようになったのは、ココ5年ほどの事であって、決して、25年来のスジガネ入りのファンとか言う訳ではナイのです。ハッキリ言って(何度も書いてますが)、角川映画の看板アイドル女優だった頃の原田知世には、全く興味が無かったンすよ。

私的第一次原田知世ブームは、1996年も押し迫った頃。

今、考えても実に強烈な三角コラボレーション(原田知世-鈴木慶一-トーレ・ヨハンソン)である、『clover』(1996)に収録の「100 LOVE-LETTERS」がCMソングとしてテレビから流れて来たのがキカッケです。
その後ほどなく、1997年の2月、傑作『I could be free』が発売されまして、コレは聴き込みました。コレで、原田知世というヒトは、音楽的にレベルの高いヒトだと、ワタシ、認識しました。

で、そっから5年、3~4枚のアルバムは聴いてませんで、その間、原田知世というヒトはワタシにとっては、高いレベルで音楽をやっているヒトという認識ではあっても、特別に追っかける存在でもなかったンですが、2002年春、何のキッカケかは覚えてないのデスが、1998年発表の『Blue Orange』を買いまして、そっからは、怒濤の如く、1992年以降の作品を買い漁って、聴きまくりました。

で、1992年以降の全部のアルバムが凄かった。

マニアックなサウンド。
考え抜かれた声の響かせ方。

実にトンデモなかった。

このヒトは、アイドル女優なんかでは全然ない。
作り上げるヒトだ!

ハッキリ言ってヒレフしました。

そんで、そっから3ヶ月くらい、音楽は原田知世しか聴かなかった。
ってのは言い過ぎかもしれませんが、確実に毎日聴いてました。
全然飽きませんでした。

今も飽きてない。
すげぇな~。

・・・と言う訳なんですが、長くなるので、今日のトコロはこのヘンで。

ちなみに、技巧的な歌唱力の凄まじさが一番分かるのは、前作の『My Pieces』(2002)だと思います。

もひとつ、ついで。

『ミュージック・マガジン』誌では、今回の『music & me』について、「卓越したシンガーの才気漲る」って、言葉で書いてましたね。30代後半から40代前半のヒトには、原田知世というヒトを25年前の歌唱力のママだと思っているヒトも多いでしょうから、認識を新たにして欲しいな~。

(つづく、・・・か?)

ブログランキング・にほんブログ村へ

五年振り!原田知世『music & me』(2007)


このヒトのヴォーカリストしての技巧のスゴさと、センスの良さ(人選を含め)があれば、最早、凡作を作る方が難しいのかもしれないデスね。
というのが、一聴した感想デス。

詳細は聴き込んでから書きますけど、いや、ホント、長く待ちましたね~。
前作の『My Pieces』(2002)から五年デスよ。長かった。

さて、この久しぶりの新作は、当然の如く、水準の高い作品に仕上がってますが、見事に地味です。ある意味、こんな地味な作品を堂々と作れるってのは、音楽作りの実力の高さの証拠ですね。人工甘味料一切なしで、素材とその調理法だけで、品の良い、滲み出す甘さを醸すって、抜群の腕が無いと出来ないデスよね。

しばらくヘビロテします。

ちなみに、五年振りのライヴがあるらしく、12/22の東京は既にソールド・アウトだそうです。すげぇショックです。来年2/22の方は、予約抽選ってのを申し込みましたけど、抽選かよ・・・。
大きな会場では、やらんのだろうから、仕方ないのかもしれないけど、行けなかったら悲し過ぎるぞ。

ペダリングと環八の「ら」。


先週の金曜日、初めてSPD-SLのペダルで走った時には、正直なところ、SPDとの違いをそれほど感じなかったのデスが、三日間、そのSPD-SLで250km走ったあとの月曜、今度、SPDのペダルを漕いでみると、いかにSPD-SLが安定して漕ぎ易いかが分かりました。極端な言い方をスルと、面で力を伝えるのか、点で伝えるのかというくらいの差があります。
そうすると今度は、SPDで漕ぐ時には、拇指球というものを改めて意識するようになります。つまり、SPDは真芯に当てないとホームランにならんヨ的な感覚。従って、この、「ウィークデイはSPD、週末はSPD-SL」っていうの繰り返すと、ペダリングの技術は向上スルんでねぇべか、と虫のイイことを考えております。

もう一つ、ペダリングで気になっているのは、クランク長。
ワタシの場合、通勤で乗っている1号車と4号車のクランク長は170mm、週末に乗っている3号車のは165mmデス。
我が身長は168cm、股下は、短足系で73~74cmなので、どっちかと言うと、165mmの方が適切だと思うのですが、どうにも気になります。もっと言うと、ホントは167.5mmの方が良いと思うのデスが、シマノの場合、167.5mmのクランクは、デュラエースしかナイんですよね。でもデュラは、高価で買えません。とは言っても、アルテグラとか105じゃ、サイズが微妙に合わない上、グイ~ングイ~ンしなっちゃうかもしれないからなぁ~(笑)。高くてもデュラがイイのかな~、と、買いもしないのに考えています。

さて、本日の帰宅ライドは、訳あって、ニコタマに行く用があったので、環八を通りました。従って、クロスバイクの帝王、くっすーさんのオススメの「ら」の罠にハマッて来ました。(画像参照)

つけ麺。
700円也。
カウンター上の特性ラー油をふた掬い。

美味っ。

スカっとした辛味の中に、ビミョ~にある旨味。
コレは何?

オカワリしようかと思ってしまいました。

【11/28の走行記録】
自転車:1号車(ジェイミス コーダスポーツ)
走行距離:30.38km
平均速度:21.4km/h
最高速度:42.9km/h
積算距離:1404.6km(1号車、2007/07/31-)

にほんブログ村 自転車ブログへ

コレ、必要。一つだけ冬物ウェアを追加購入。


一つだけ、冬物ウェアを追加購入しました。
それは、ヘルメットの下に被るキャップです。

実は、この間の日曜日、山の方に行ったんですけど、アタクシ、足先とか、耳とか、手先とか、そんなトコロは案外と大丈夫だったんですが、どうにも、頭が痛くなりましてねぇ。

そう、奥さん。
そうなんデスよ。
あの、自転車のヘルメットってぇヤツは、風通しがイイんですよ。
さすが、奥さん。
お見通しデスな。

それでデスね。
その、ヘルメットの穴から冷たい檜原村の風が、アタシの頭皮を直撃するンですけど、これ、血管がキューっと縮むんでしょうなぁ。そんで、その割に、体動かして血流があるもんだから、ココが痛くなるンですよ。
アタシャ、ツラの皮は厚いんですが、案外と頭皮はヤワなんでしょうなぁ。
あぁ、それで、その頭の痛みってぇのが、あの、かき氷を食べた時の、そう、あの頭痛をね、薄めたような痛みなんですけどねぇ、まぁ、延々と延々と続くんデス。コレは、案外と大の男でも、キツイもんでねぇ。

そんで、さすがにアタシもネをあげまして、帰ってすぐにパンチの国(川崎市高津区)の、Sサイクルさんで、注文したンですよ、コレ。(画像参照ね)

ハッキリ言って、コレだけ被ると黒沢年男みたいになるンですけどねぇ。

でも、ま、その上にヘルメット被るから、イイでしょう。

(以上、三行目以降はコロンボ風でお読み下さい)

にほんブログ村 自転車ブログへ

1号車もWライト化。そして喜七のみそらあめん。

そういう訳で、土曜日には川崎市高津区(別名:パンチの故郷)にある、Sサイクルさんで、5年くらい前からのジェイミスのカタログを見せて頂きました。たったの5年なのに、自転車の変遷って、スゴカッタのだなぁと、ワタクシ、思った次第でアリマス。

そして、もう一つ思ったコト。
「ダンタクマ氏、再びジェイミスのカタログに復活しねぇかなぁ。」ですが、ま、しねぇよなぁ。

ところで、諸氏。

ダンタクマ氏のフルネームは漢字でどう書くでしょう?

1. 団琢磨
2. 壇琢磨
3. 檀拓磨
4. 段田熊

ま、最後のは読み方も違う気がしますが、まぁ、気にするねい。

正解は、このアタリからどうぞ。
http://www.dantakuma.com/index.html
全部、間違ってたりして。

さて、その土曜日デスが、今後の通勤のコトを考えてコレを買いました。

猫目のHL-EL520。
S店主のご説明によると、15キロくらいのスピードでなら何とか夜のサイクリングロードも走れるけど、20キロで走るにはちょっと厳しい明るさ、との事。で、それならば、アタシャ、手持ちのライトと組み合わせての、Wライトふたたび、でゴワす。


こんな感じ。
ちと分かりにくいデスが、二つ並んで寄り添ったライトちゃんが見えますね?

で、明るさはどうか。
本日の帰宅ライドで、実際に、ィ夜の多摩サイを試してみました。
で、結果、うん、22~23キロくらいまでなら、大丈夫。
でも、25キロ以上で走るにはコワイ。
そう言う感じ。
まぁ、使える事は使える。
でも、やっぱり、集中して走らなければならないので疲れるよね~。

で、本日の帰宅ライドは、そんなコトで少々遠回りをしたので、帰りのルートがいつもとチョイと違う。
そんで、通りかかったトコロには、こんなラ党のワナが。


喜七。
土日は、行列が出来てるので、なかなか機会がなかったのデスが、流石に月曜の夜は、並ばなくても大丈夫。


みそらあめん。
野菜激ウマ。
スープ激ウマ。
実に美味かった。

どっちかというと、カ党のワタシですが、こんなの食っちゃうと、冬はラもいいねぇ、と思いますワ。

【本日の走行記録】
自転車:1号車(JAMIS CODA SPORT)
走行距離:27.35km
平均速度:20.2km/h
最高速度:42.8km/h
積算距離:1347.4km(1号車、2007/7/31-)

にほんブログ村 自転車ブログへ

間違って名所に行った。往復130kmくらい。



奥さん、アタシャ、途中で地図をなくしましてねぇ。
そう、アナタが今、手に持っている、その昭文社の「ライトマップル東京都道路地図」と同じヤツ。それの28ページをね、昨日セブンイレブン川崎高津店(仮名)で、80円支払って、カラーコピーしておいたんデスよ。
今日はソレを持って、風張峠ってぇトコを、一応目指したんデスけどねぇ。

あ、あ。

独白風から、普通に戻しマス。

本日は、風張峠(←なんて読むのでしょうか)を「一応」目指しました。
「一応」というのは、時間があれば行ってしまいたいケド、12:30になったら、途中でも引き返す、という事にしてたからデス。

出発は、8:30。
ハッキリ言って、遅いべ。

と、ハナから、半ば諦めムードで出発。
ま、とにかく多摩サイを遡上します。
割と、休憩を多めにした事もあり、2時間掛かって、睦橋に到着。

ココから、五日市街道デス。

暑くもなく、寒くもなく、交通量もソコソコだし、空は青いし、建物は低いし、正面は山だし、いや~、稀に見る快適さでした。


トコロガですね。
冒頭にも書いた通り、地図を無くしましてね。
ココから先は、記憶に頼って走った訳デスよ。


で、ココ(武蔵五日市駅)までは分かるんデスよ。道、真っ直ぐだから。

問題はココからね。
記憶によると、目指すべき風張峠は、都道205号で行けば良い筈。
檜原村役場の先を右だ!

と、そんなシンプルな記憶に頼るしかなし。


で、ソレがココだ!
良かった、行けるぞ。


では、順序が逆になりましたが、東京都で唯一の「村」である檜原村の今日の風景をどうぞ。

ハイ、山村ですね。
新春山村ショー!
・・・あ、まだ晩秋デスか。


お約束の記念写真は、役場をバックにパチリ。

で、この辺りからは、もぉ、絶景しかありません。
見事なまでにスンバラシイ風景が、ワンサカわんさかと、人目をハバカラズに、やって来やがる。目眩がします。


ただ、一つ気になったのが、路面が濡れてたコト。
そんで、もう少し山に行くと、あぁ、融雪剤みたいのが撒いてありますねぇ。
そんで、もう少し行くと、はぁ、所々霜が降りてますねぇ。
これぁ、徐行するしかナイですな~。

とか、そんなコトやってたら、おっと、分岐している道がある。
まぁ、真っ直ぐでしょう。

・・・と、数百メートル走ったトコロ、なんか下ってるから、あぁ、間違ったと思いまして、引き返し、先程の分岐している道へ行きました。

が、コレ、間違ってました。
真っ直ぐで良かったんデス。

ま、でも、今日は良しとしましょう。

間違った結果、こんなトコに着きました。

何じゃコリャ~!!!


何じゃコレも~!!!

絶景じゃ、絶景じゃ。
風景絶佳。

ココ、神戸岩(かのといわ)と言うそうで、東京都指定の天然記念物体、いや、チョト違う、天然記念物だそうデス。
100mの大岩壁だそうで、結構な名所のようデス。
観光客のヒトビトが沢山居ました。

いや~、道間違って、今日は得しました。

ちなみに、この間違って入った道は、途中から鋸山林道という道に繋がってまして、1109mの鋸山という山の山頂をかすめて、奥多摩に繋がってマス。この林道も、今後挑戦するコースとして、エントリーされましたぞ。

さて、ココで12:30になったので、引き返したンですが、本日は、帰路途中で、サイコンの電池が切れました。
従って、詳細データはありません。
適当データを書きます。

【本日の走行記録】
自転車:3号車(JAMIS VENTURA ELITE)←コレは当たってる
走行距離:130kmくらい
平均速度:23.5km/hくらい
最高速度:45km/hくらい
積算距離:2430kmくらい

睦橋からのコースはコレ
↓↓↓↓↓
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=d1fc6ad7365f0db57b4a94776e4a0ee3

あぁ、そうだ。
忘れてた。
檜原街道という道デスがね。
とっても良かったデス。

こんな感じで、吉野街道とウリ二つなんですけど、ダンプが居ない!
(日曜だからかもしれんケド。)

にほんブログ村 自転車ブログへ ←なんじゃコリャ~、と言いながらクリックを。

Emmylou Harris『Elite Hotel』(1975)


エミルー・ハリス(Emmylou Harris)
『Elite Hotel』(1975)

曇った灰色の空の、その雲が薄くなったトコロに、うっすらと見えるように思える青空。

そんな、作品です。

詳細は改めて書くと思いますが、コレ、恐らく一生聴き続けるでしょう。
すンばらしいアルバムです。

まぁ、毎日は聴きませんよ。でも、ポツポツと、ずっと何十年も聴き続けると思います。

曇った日に、青空が見たいって、気持ちは、いくら齢を重ねても変わらんですよね。それと同じ感じ。

だから、このアルバムは、エヴァーグリーン作品に確定です。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

今日の多摩サイは行かなくて正解。

ペダルをSPD-SLに換えまして、クリート位置調整の為の一日デス。
取り敢えずは、一番前で真ん中になるようにセットして走り出す。つまりクリートは、シューズの後ろッカワに来ます。

そんで、50m走る。

合わん。

で、位置変える。

これを、3回程度繰り返し、ようやく多摩サイへ。

多摩サイは、寒い季節を迎え、犬の散歩がほぼ絶滅したコトもあり、空いています。


まずココで最初の休憩。

イヤ、それにしても、寒い季節の多摩サイって、こんなに、空いてたっけか?
そう思うくらい、圧倒的に空いています。
ちなみに、11時頃ですから、つい先日までなら、激混みでした。
いや、寒い多摩サイって、空いててイーねッ!

・・・と思ってたら。

・・・混みました。





・・・ってか、混み過ぎなんですけど。
ハミ出して走ってるヒトも居るンですけど・・・。
自転車、走れないんデスけど・・・。

・・・。

クリートの位置は、その後、二度に渡り、多摩サイで調整をして、まあ、取り敢えずのトコロを決めました。また、ソレと連動して、サドルが5ミリ上がりました。

ちなみに、SPDから、SPD-SLに換えての感想デス。

1. SPDの、両面というシステムは、とっても便利だった!
2. SPDは、カチっと軽く嵌るのに対して、SPD-SLは、バッチン!と嵌ります。
3. 外すのは別に大変ではナイ
4. 裏になってるコト気づかないで嵌めようとスルと、ズゴっと、滑る。
5. シューズ自体の歩きにくさは、まぁ、予想通り。ま、歩けなくはナイというレベル。
6. ペダリング・システムとしては、まあ、いいんじゃないかい?多分、何割増とかいうレベルで効率が良いのだと思います。(もう少し走り込まないと、実感するまでには至らん。)

また、本日デビューしたアイテムの中で、ネックウォーマというヤツが、実に使えるヤツである事が判明した。
このアイテムは、明日もマスマス活躍するコトでありましょう。

にほんブログ村 自転車ブログへ
プロフィール

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。