These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャットアイの安い方のでケイデンスを計っておしまい!


我が1号車。ジェイミスのコーダスポーツ。
7/28の土曜日。
早朝、5:30から6:00頃。
アタクシ、サイコン(サイクルコンピュータ)を付け替えました。

元はキャットアイ社のCC-MC100Wという、多分、最も普及しているヤツを付けてたのですが、今度は、同じキャットアイのCC-RD200というヤツに替えました。
ケイデンス計測、即ち、どんくらい足を回してるかを、ニヤニヤしながら計る機能があるヤツです。
ワイヤレスではありません。ワイヤードっす。
従って、コードの取り回しが少々クールではナイのですが、本体のデザインはヒジョーにクールです。


この真ん中のがソレです。
(念の為に言いマスが「志ん生」と書いてあるヤツのことではアリマセン。これはコレで非常にクールなのですが、まぁ、ハンドルバーのトコについてたら驚きますワナ。)

で、本日、ソレに替えてからの初乗り。
で、我がケイデンスはどうたったのか?

ハイ。

一番気持ちよく走ってたのが、80前後と分かった!
つまり、理想的とされる90よりも「遅め・重め」だったンですね。

と言う訳で、できるだけ90をキープするという事を、これから意識してシバラクは走るコトになりそうデス。

ですがね。

ニンゲンというモノは、各人それぞれに好むテンポというモンがありまして、ワタシの感覚内では、90にはグリッドがナイ!つまり、90BPMのキープは結構ツライ気がする。まぁ、それは演奏のハナシですが、自転車を漕ぐテンポも、同じニンゲンなので同様なんじゃナイのかと心配しております。
う~ン。
80は重い気がするし、そうすっと、やっぱり96だな、個人的には。

【本日の走行記録】
自転車:1号車(Jamis/ CODA SPORT)
走行距離:24.51km
平均速度:22.3km/h
最高速度:40.9km/h
積算距離:24.5km(2007/7/31-)

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ ← 一分間で90回クリックしてほし~の。
スポンサーサイト

野郎ども今だ!北の家族と、30曲近くも、合間には閣下が。

7月28日は、ニッポン全国の音楽好きが、大挙して、フジロックさ行ってしまうので、其の隙をついて、ウチのバンマスが、「野郎ども、今だ!」と言って、ヨコハマ・長者町のFRIDAYにて、定例のライブ。
冒頭から意味不明でアリマスが、ワタシの悩みは、音楽とは違うトコにありまして、つまり、この暑さの中、ミゾノクチからヨコハマ・長者町まで自転車で行くかどうか?というコトでありますね。

湿度も高く、気温も30度超。
この中で、エレキベースと衣装を担いで、15時~17時頃、自転車で走るの?

結論。

武蔵小杉まで、5kmだけ自転車で行って、あとはニョロっと、東横線で、馬車道まで行きました。

で、馬車道駅で下車し、馬車道を関内駅方面に歩くと、馬車道という、観光客も訪れる、堂々たるヨコハマ的スポットに、ナンでか知らんが、居酒屋「北の家族」「日本海庄や」とか、北前そば「高田屋」とかが、コレまた堂々と乱立してるンで、なんだかヨコハマに来た気がシナイ。

とか、言いつつ、15分ほど歩き、イセザキモールにある、コレまた何故か、サッポロラーメンの来々軒で味噌ラーメンを食すワケでね。
ヨコハマなんだから、サンマーメン食っとけ、という感もアリマスが、まぁ、味噌な気分だったンで、まぁ、今日のトコロは申し訳ナイ。

で、演奏は、なんとまぁ、3セットで、30曲近い、フルボリューム。
死にそうになりツツ、23:40頃終了。
最後の方は(ってか、3セット目の中盤から)、右手が死につつあり、細かい装飾音符は、否応無く省略。もぉ、グルーヴしねぇのぉ~。スンマセ~ン。

さて。
当日の収穫は、演奏の合間に店で掛かっていたCDです。

翼の折れたエンジェル、My Revolution、Raspberry Dream、六本木心中といった、80年代中盤から90年代初頭の、ガールズ・ロックのカヴァーが、適度にメタルなアレンジに乗って、見事な、ハイトーン男性ヴォーカルで歌われてるのヨ。
誰コレ?
ってハナシになり、もしかして二井原実か?
とかって、ハナシになりましたが、Aリマ氏が店のヒトに確認したトコロ、コレでした。

GIRLS’ROCK
デーモン小暮
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る


さすが閣下。

本気でメチャクチャ上手い。

買わないケド、欲しい。
誰か買ってクレ。
オレ、タイラップと水平器とポリ袋をダイソーで買って315円も使ったから、カネないの。あと、バービーボーイズのCDも買ったしサ。

さて、チュユ・・・。
もとイ、梅雨が明けそうデスな。

次回は、キャンディーズのハナシですね。

(サイコンを付け替えたハナシもアリマスが)

にほんブログ村 音楽ブログへ ←どうしてもクリックしてほし~の。

デオーレのシューがシュ~っと鳴った。


さて、昨夜は、1号車(Jamis: CODA SPORT)のフロントのブレーキシューを交換しました。元々はテクトロのがついてましたが、今度はシマノ製のデオーレのヤツにしました。M70T3というヤツの方。

で、実は、リアのシューは既にコレに換えており、なんとなくそうに違いないと睨んでいたコトがあったのデスが、どうやらワタシの睨みは正しかった!

つまり。

このブレーキシューは、摩擦の音が派手だ!

シューっ!
シュゥウウ~ッ!
ジュゥゥゥウウウ~ッ!

と、最後の行のはチョットオーヴァーですが、まぁ、ブレーキを掛けるたびに、イカにもすり減っているという感じの音がします。

それでは、ココで再現してみましょう。


左手でブレーキ、キュッ。
 ↓↓↓
拙者の尻の下からシュ~ッ。(←リアブレーキね)
 ↓↓↓
続いて、右手でブレーキ、キッ。
 ↓↓↓
拙者の肘のアッチからもシュ~ッ。(←フロントね。)
 ↓↓↓
そんで、イヤミがシェ~。(←乗り手・・・。)


・・・。
・・・・・・・・・。
・・・・・・お粗末。

えぇ、ただし、音がデカイのは、単にオレのリムとの相性の問題かもしれない。
・・・イヤ、オレのリムではナイね。オレの自転車のリムね。
イヤ、それも違うね・・・。オレの自転車のホイールのリムね。

まぁ、でも利けばイイの。
安全が第一。

やっぱり、ブレーキって、大切だなぁ。

と、そんなお話でした。(イヤ、違ってる・・・)


ハイ。

・・・また明日!


なお、画像はデスね。
そのステキなサウンドのブレーキシューをね。
まぁ、何と言うか、拙者が接写シタ・・・。(ー_ー;)

【本日の走行記録】

自転車:1号車(Jamis: CODA SPORT)
走行距離:25.30km
平均時速:21.7km/h
最高時速:40.5km/h
積算距離:3801.9km(2006/11/18-)

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ ←シェ~っとクリックして下さい!

ジェイミス2008年モデル!

ワタシが乗っている自転車は、3台ともジェイミス(JAMIS)という、アメリカのブランドなんデスが、そのジェイミスの、日本発売される2008年モデルが明らかになったようデス。(ネットとかにはまだ出てないようデス)

お世話になっているショップのご主人に、そのラインナップを見せてもらったンですけど、いや、スゴイです。
ロードも、MTBも、クロスバイクも、もぉ、今年の日本発売のラインナップはナンだったのぉ?と、言いたくなるくらい充実してマス。

ロードのハイエンド・モデルは、アタシャ、二年後を目標に入手したい!
当然、軽自動車が買える価格デスが・・・。

クロスバイクは、コーダ・シリーズとは別の、これまた魅力的なラインが出るようです。デザインもカッコいいし、人気が出そうな感じ。
元々評価の高いMTBは、人気の高いダカール・シリーズをハジメとして、コレまた凄いラインナップ。

徐々にメディアにも出てくるんでしょうけど、ナルホド、米国ではジェイミスってメジャーな総合ブランドなんだなぁ~と言うのが分かりました。
トレック、キャノンデール、スペシャライズドなどに続く、アメリカの総合ブランドとして、ニッポンでも、認知度が上がってくれると、何となくウレシイんですけどね~。

【本日の走行記録】

自転車:4号車(JAMIS: DURANGO SPORT SX)
走行距離:27.05km(←若干アヤシイ)
平均速度:18.3km/h
最高速度:106.6km/h(←また、スゴイ数値が・・・。今日は確実に35km/h以下の筈です)
積算距離:610.5km

さて。
ご覧の通り、最高速度については、今、4号車についているサイクル・コンピュータは全く当てになりません。
で、とっかえるコトにしました。
今、1号車についているヤツを4号車に付け替えて、1号車には、イヨイヨ、ケイデンス計測機能があるヤツにします。
キャットアイのSTRADA CADENCEってヤツね。
今度の週末に、付けます。

そしたら、またレポートします。

来週に、乞うご期待。・・・ゲゲ、アジ。

にほんブログ村 自転車ブログへ ←クリックして頂けないものでしょうか。

アラスカ&パール&スノウ@ブックオフ。

タマにはブックオフへ行ってみるモノであります。

本日は、500yenのワンコインで、ずっと探していた貴重な銀盤を二枚ゲトしました。

1. パール兄弟『Pearl & Snow』(1987)


2. アラスカ・バンド『Alaska Band』(1994)


基本的に、ブックオフへ行くのは、現在、新品では入手が困難な80年代、90年代の廃盤サンを捜索する為デス。
本日は、そういう意味で、大変に大きな収穫があったワケで、アタシャ、タイソウ嬉シイ。

あとは、何とか捜したいのは、Reimyさんの『言葉のない友情』(1989)と、コシミハルさんの『パスピエ』(1989)あたりでしょうか。
ココラがゲトできたら、あとは、ブックオフには行かなくても、イーネッ?

ま、気が向いた時に行ってみて、捜してたものがあったら、とってもウレシイ、と、そう言うお話でした。


にほんブログ村 音楽ブログへ ←クリック、お願い、します。

正面からドロップハンドルがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

今日、衝撃の逆走を見た!
ってか、スレ違った。

なんと、向こうはドロップハンドル。
ドロップハンドルが、車道の右端を走ってコッチに来るンだよ~
有り得ない光景にアタシャ目が点になりました

スピードこそ出してなかったモノの、あんまりなコトに思わず、アタシャ、グッドラックのサインを逆さまに出しそうになりました。

・・・ピストでした。
乗り手は、若いアンチャン。

コリャ~駄目だ~。

コレだからピスト野郎は・・・。
って、なっちゃいマスな~。

ピスト族全体の株を落とす行為をしているというのに、あのアンチャン、分かっとらんノだろ~な~。

アタシャ、別にピスト自体が悪いとは思っておりませんノですが、ピストって、若いヤンチャなヒトに受けがイイ為か、マナーの悪い人間が混ざる割合が、比較的高いと思う。

正しいピスト乗りの方は、こういうアホウが案外と存在しているコトを意識して、模範的な運転して下さいね~。

クロス&ロードのワタシも模範的に走るように心掛けます。


【本日の走行記録】

自転車:1号車(JAMIS: CODA SPORT)
走行距離:25.41km
平均速度:23.1km/h
最高速度:42.4km/h
積算距離:3751.4km(←200~300kmくらいアヤシイ)

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ ←クリックお願いします!

1971年の倫敦のマイルス・デイヴィス。


1971年のマイルス(Miles Davis)と言えば、オフィシャル盤が出ていません。
ナニユエに発売されていないのかと言えば、まぁ、ハッキリ言って、『Live-Evil』(1970)が有ればジューブンだから、デしょう。

と、まるで、1971年のマイルスの全てを聴いたようなコトを言っておきながら、アタシャ、1971年マイルスは、10月~11月の3音源(当然ブート)しか聴いたコトが無い。同年春の音源とか、(これもブートで)タクサン出てますがドレも未聴デス。マイルス道の権威、ナカヤマヤスキ氏には怒られるカモしれませんな。

ま、でもね。
もしかして、1971年の春先のマイルスが絶好調だったとしても、大枠は、秋のパッチョロ(欧州)ツアーと、そうは変わらん筈。
ま、メンツは変わってマスから、サウンドはソレナリに変わるンですが、でも、71年秋のレパートリーとアレンジは、1970年12月の『Live-Evil』と大して変わってはイない。
と、まぁそう言う理由で、1971年のマイルスはオフィシャル盤での発売がナイのだと思われますが、でも、やっぱり、スゲェものはスゲェのヨ。1971年秋のマイルスは、やはりトテツモナイ。コロンビア(現ソニー)は、オフィシャル盤を出すべきだと思います。

で、ワタシが持ってる1971年音源の中では、コレが一番スゴい。

11月13日のロンドン。

マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『London 1971』(1971)

今日は特に4曲目の「It's About That Time」がキテます。

ドラムとベースが繰り返す、粘りのある呪術的なビートに、圧力の高い、濁った空間を産むエレピ。外部との繋がりを謝絶するパーカッション。徐々に、徐々に、しかし、確実に急角度で高まる圧力。んデ、ソコを切り裂く、マイルスの歪んだトランペット。溜めて、溜めて、溜めて、ブワ~ッ!!!!!
です。
ンもぉ、スッゲぇ超高圧カタルシス。

山は二回。
最初は、と言っても、随分後半デスが、キース・ジャレットのエレピが鋭くヌメりながら、ドバドバ切り込み、そんでマイルスがカミナリの如く降臨する10分過ぎあたり。バンド全体の音圧と密度が凄い。
で、いったん引いて、またココからの押し寄せ方が凄い。
ダルマさんが転んだ、と言って振り向くと、5割増。
更に、もっかい言って振り向くと、5割増。
と、そんな感じ。

ンで、気が付くと、全員前に居ヤがんノ。
で、ついには、全員で「ダ~ルマさんが!!!」って言ってる状況の15分頃。
あぁ、凄まじい。

ナニユエに、こんな凄い、1971年のマイルスをオフィシャルで出さンのかね。
コロンビアさんよ。イヤ、現ソニーさんよ。
頼ンますヨ~!!!

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ←申し訳アリませんが、本当にクリックして頂きたく、お願い申し上げます。

Ben & The Platano『Paris Soul』(1971)


Ben & The Platano Group
『Paris Soul』(1971)

峰不二子が愛聴盤にしていたコトは恐らく間違いナイ。

野蛮とエレガンスが、交互に、または同時に顔を出す。
ラテン・ファンク方向に強く振ったジャズ・ファンクの傑作。
フランス産ですが、ほぼ、おフランスの香りは致しません。
アシカラズ。

基本はファンキー・ベース&ドラム。
そんでコンガの存在感がデカイ。
随所にティンバレスと、カナモノ(←カウベルね)。
一本目のギターは、ストラトのハーフトーンで、ヒタすら刻む。
二本目のギターは、歪ませ&ワウで、とにかくウネる。
そんで、鍵盤はあくまでもオルガン。
仕上げのホーン・セクションは、何故かヴェルヴェットな響き。
(ココにだけ若干の、おフランスが有るかもしれない。)

総合すると、モンゴ・サンタマリア(Mongo Santamaria)のサウンドに、サンタナ(Santana)が融合して、更にもっとファンキー度を上げた感じデス。分かるヒトにしか分からん表現で恐縮デス。

しっかし、このバンドの情報がワタシには、全然無いので、よう分からんのデスが、本当にフランスのバンドなんでしょうか?
「Evaristo Nata氏によって組織されたバンドは、リーダーが精神病院に収容される直前まで、パリのキャバレー"Le Lido"で演奏していた」ということくらいしか、ライナーには情報がナイ。

う~ン、しかしコレじゃ分からんな。

が、いずれにしろ、ラテン・ファンクが好きなら、・・・あ、そんな好事家あんまり居ない? あ、そ。
ま、でも、ファンキーというコトバに腰が反応するアナタなら、確実にハマる一枚ですね。まぁ、おとなしく、ってか、ちゃんと腰振りながら、お聴きなさいね。

なお、U.F.O.の矢部直氏が絶賛していたというウワサもあります。
ソコらへんからも、サウンドの傾向と質の高さは推して知ってイタダキたい。

と、ここまで書いて思う。
もしかすると、このエントリーは最後の一文(矢部氏、のクダリ)だけで良かったのかもシレナイ・・・。
ガクっ。

まぁ、気を取り直して、腰でも振ろう。

ぢゃ。

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ←クリックお願いします

シフト・ワイヤーを替えてみた。

4号車(ジェイミス: デュランゴ・スポーツSX)は、2年型落ちの中古で手に入れたモノであるだけに、いくら、前のオーナーがほとんど乗ってなかったと言っても、パーツによっては経年劣化があり、完全に新品同様とは言えまへん。

その上で、およそ一月半で、500kmくらい走り、しかも、雨の中でも走るし、保管も屋外というコトで、割と過酷な条件で使ってまして、ま、劣化部分が見えて来ます。つまり、割と早い時点で、チェーンの錆び浮きも確認していましたし、ディスクローターにも、錆びの兆候がアリマス。

で、本日、シフトワイヤーの錆びとヨレが気になって、シマノのステンレスのワイヤーに交換しました。元々ジェイミスのデュランゴについているワイヤーはスチール製だそうで、少々錆びには弱そう。

で、交換しての感想。

ん~、良く分からん。
操作感覚的には、差がないデス。
要は、アウターの中が錆びだらけで、抵抗が強くなっている、という状況ではなかったから、操作感にはそれほどの違いが出て来ない、というコトなのでしょう。ま、緊急度が高かったり、効果が劇的、という類いのメンテではありませんので、別に不満はありません。なんとなく安心、という感覚をゲットしたと思えば、ホンの数百円の出費デスし、やって良かったと思います。

ん~、しかし地味だ。

【本日の走行記録】
自転車:4号車(JAMIS: DURANGO SPORT SX)
走行距離:16.69km
平均速度:14.8km/h
最高速度:92.3km/h(←またデスか・・・)
積算距離:574.8km(2007/06/09~)

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ ←そ~っと押してみて下さい。

植木等主演『だまされて貰います』(1971)

『だまされて貰います』は、1962年に始まる、一連のクレージー・キャッツ映画の最後期の作品。クレージー映画の中で、DVD化されていない数少ない作品の一つだそうですが、木曜日に池袋の新文芸座にて観て参りました。コレ、観られたのって、幸運デスね。

内容は、得体の知れない無責任男の植木サンが、発明狂役(←またしても!)の谷啓サンが開発中の画期的な薬品を、まだ未完成なのに、あるコト無いコト言って(効能についても全く逆のコト言って)、大企業に売りこんで、アメリカ企業にプレゼンするワ、最後にはOPECみたいのが出て来るワで、本当は「実」が無いのに、口車だけで、シマイにゃ大成功してしまうメチャクチャな成功譚。なかなかの傑作です。面白かった。

1971年の作品な訳でして、当然ながら70年代テイストを随所に感じるコトがデキます。そう言う意味でもワタシの好みに合う作品ではアリマスね。ちなみに、1971年という時代がワタシ、気になってまして、映像作品、音楽ともに、この年に制作、または発表された作品に結構お気に入りが多いンです。
列挙してみると、映画/テレビなら、『激突!』、『刑事コロンボ/構想の死角』、『黒いジャガー(Shaft)』、『バニシング・ポイント』、『ルパン三世』、『Our Latin Thing』とか。音楽なら、キャロル・キングの『Tapestry』、ヘドバとダビデ「ナオミの夢」、はっぴいえんど『風街ろまん』、ローラ・ニーロ『Spread Your Wings And Fly』、ジョー・バターン『Poor Boy』とか。

この『だまされて貰います』は、これらと同時代なんデスね。
既にクレージーキャッツの時代ではなくなってるってのが、何となく分かります。

で、この映画、ストーリーも面白かったのデスが、音楽もギャグも、イケてました。感覚的にも、60年代ではなく完全に70年代なんでしょう。ワタシ世代(1969年生)でも、「理解しよう」とする姿勢なくして理解できマス。
音楽は、今、クレイジーケンバンドが現代的に再現している音楽の、その素って感じデス。そういえば、この映画の植木さんのイデタチは、剣サンに似ている。(ってか、逆か。)
笑いの質も、60年代半ばまでとは異なってて、80年代以降の笑いに近い感じがしました。交番とリアカーのエピソードとか、素早い変装で騙すギャグ(どちらも繰り返し使われる)とか。

さて、ワタシは、ムカシの映画を観るのが好きなのデスが、実は、ムカシの街の風景を見るのが好きだというコトもあるんです。それは東京でもニューヨークでも帯広でも、ドコでもイイから見たい。そういう、「ムカシの街を見たい病」のニンゲンには、この『だまされて貰います』は、更に楽しい。ナニシロ、東北の片田舎から、ハワイ、ニューヨークまでロケハンされてますから、パンナムビルから、建設中だったワールドトレードセンタービルまでも見られるンです。あ~、楽し。

それにしても、DVD化されていないのが、非常に残念です。
何処かでスクリーンに掛かる機会を見つけたら、是非ともご覧になるコトをオススメします。特に、70年代モノが好きな方なら、楽しめると思いマス。

にほんブログ村 音楽ブログへ ←押して下さるとウレシイ。

プロフィール

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。