These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズは大名から。

やっぱり、ジャズはビッグネームからタクサン聴いた方がイイですね。
と、最近、改めて思っております。
マイルス道を再開して、ツクヅクそう思います。
やっぱビッグネームは音楽がスゲェもん。


↑イキナリこんなのじゃ渋過ぎてカラダに悪いというハナシ。

さて。
もう、10年もムカシ、ワタシ、ジャズばっかり聴いてた時期が3~4年くらいあったんですが、その頃はあんまりビッグネームって、聴いてなかったんですね。もっと、ビッグネームから聴いておけば良かったとは、今になって思いますが、その頃はハンク・モブレー(Hank Mobley)とか、ジョニー・グリフィン(Johnny Griffin)ばっかり聴いてたんです。何でかって言うと、ジャズ喫茶のオヤジ本が悪いのヨ。(念のため、ヒトの所為にしてみた)

まぁ、本気でヒトの所為にしている訳ではありませんが、まぁ、順を追って話すとですね。ワタシが、ジャズを聴き始めた1991年~1992年頃は、バブル頃からの名残だと思いますが、「ジャズってオッシャレ~」ムーヴメントと言うのがありまして、ナニゲにオシャレなジャケットのコンピものCDとかが腐るほど出てたんですね。鶴田一郎氏のイラストのジャケのとか。

勿論ワタシはスノッブでカッコつけだから、いかにも、そう言う「初心者デス」みたいなのは、初心者なのに避けるんですが、そんで、そんなカッコつけスノッブ野郎が、どうやってジャズCDを買い始めるのかと言うと、頼りは名盤ガイドブックなんですね。「モダン・ジャズ入門」とか、その類い。「入門」なんて、バリバリ初心者向け丸出しなタイトルなのに、本ならイイらしい。スノッブ野郎とはフシギなもんです。

で、最初に買ったガイド本は、多分、油井正一先生の名著『ジャズ・ベスト・レコード・コレクション』。新潮文庫で520円。大学の購買で買ったんですね。そんで、コレは死ぬ程、読んだ。「レコードはみつけた時に買え!」という、今のワタシを作ったオソロシイ至言も載っておりまして、まぁ、あの、「ジャズ評論界の淀川長治」が言うコトに間違いはないと思い、当初はコノ本に沿ってCDを買い始めたんですね。

ところで、当時、「ジャズ喫茶のオヤジ本」と言うサブジャンルのジャズ本が、死ぬほど出ててまして、え~、寺島靖国氏とか後藤雅洋氏とか、あと大木俊之助氏とか、そう言う方達の本デス。
で、コレが中々にオモシロイ。
ムカシ風の「現代ジャズの奔流」みたいな小難しい書き方はしてないし、何か、ハッキリと好き嫌いが書いてあるのね。そんで、この種のオヤジ本って、割とビッグネームじゃないヒトを持ち上げるんですね。曰く、「本当のジャズ・ファンはマイルスなどのビッグネームではなく、ジャッキー・マクリーンやハンク・モブレーをこそ愛聴しているのだ」とか。

その道のベテランとかに言われたりすると、何か、信じるじゃないですか。
だから「おぉ、ハンク・モブレーを聴く方がカッコいいのか。」とかって、単純で不純なワタシはなるんです。これが、『Kind Of Blue』より『Studio Jazz Party』を先に聴こうとするニンゲンが出来上がった背景なんですね。
後藤本と大木本の影響大、でした。我ながらアホウだ。
まぁ、寺島氏の趣味は「全然オレは合わねぇなあ」と思ったんで、白人女性ヴォーカルものとかには全然行きませんでしたが。

えぇ、ざっと、こんな経緯で、ワタシは「若いのにベテランみたいな聴き方をしようとする」小僧だった訳なんですが、やっぱりですね。ソレは正しくなかった。ジャズはビッグネームから聴き始めるのが正解ですね。
今はそう思います。
そんで、ソコから拡げてジョニー・グリフィンとか聴けばイイんです。
理由は、ソッチの方が音楽への理解が早いから。多分。

まぁ、そう言うコトが分かった今、とっくに若くないのに、正しい「若いジャズファン」みたいにビッグネームを追う今日この頃なのでアリマス。

(裏ではビル・エヴァンス道も始まっている・・・。コルトレーンはちょっと・・・。)


一日一回ココを押すのも正解デス  
スポンサーサイト

『Milestones』はモード耳なしで。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『Milestones』(1958)

アルトのキャノンボール(Cannonball Adderley)と、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)のドラムが最高にイイです。レッド・ガーランド(Red Garland)のピアノも素晴らしくグルーヴィー。
要するに「ノリノリ」ってヤツですね。

モードがどうした、とか言わんで聴いてイイんでないかい?
ハッキリ言って、モード以前のハード・バップの範囲内の耳感覚で聴いてイイんだと思いますよ、このアルバム。

新感覚だったであろうモードを軸にして演奏している曲は半分以下。
確かに、タイトル曲でのソロのマイルスの音使いはモードでしょうが、この曲にしたって、聴き所はダイナミックなグルーヴでしょう。

「マイルス=モード=スタティック」みたいなイメージで聴くと、肩すかし喰らうと思います。
ホーン抜きの、実質ガーランド・トリオな演奏の「Billy Boy」もかな~り素晴らしいグルーヴ。

いわゆるフツーのジャズで、ホーン入りを初めて聴く人にオススメするのにも最適なアルバムかと思います。

聴こう。


一日一ポチでお願いします 

テキーラの黄銅が、後輩と「操業、操業、操業」。


ジョニー・リヴェラ&テキーラ・ブラス(Johnny Rivera & The Tequila Brass)
『Johnny Rivera And The Tequila Brass』(1967)

このアルバムをネットで調べてまして、まぁ、日本語での情報なんてある訳もないんで、当然、英語ページに辿り着きますワな。そんで、今日は、テキスト翻訳じゃメンドーなので、ウェブページ自動翻訳に掛けてみたんです。
したっけ、面白い、オモシロイ。いつも以上に笑えました。

クレジットの部分をそのまんま載っけてみます。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【信用】
Ronジョンソン(エンジニア)
ジョージGoldner (生産者)
チャールズStewart (写真撮影)
Winston Tormos (低音)
Manuel Tormos (ギター)
Wilfredo Vazquez (トロンボーン)
ロバートRoldan (トロンボーン)
Raymond Monserrat (Vocals)
Corozoの後輩(Vocals)
ジョニーリベラ(Timbales)
ジョニーリベラ(生産者)
ジョニーリベラ(主要な実行者)
ルイスZuchman (はさみ金のノート)
ジョンMurello (設計)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

イキナリ、「信用」ですからね。
流石に文脈完全無視の自動翻訳です。

それにしても、ボカールのクレジットの「Corozoの後輩」には爆笑。(元語は「Corozo Junior」)

主要なトコでは、「生産者」はプロデューサー、「設計」はデザイナーです。
「はさみ金のノート」は・・・。調べてみて下さい。

本題に入る前に、既に750文字以上を費やしてしまいまして恐縮です。

では、本題へ。¡Vamos!

さて、このアルバムは、ブーガルーの名盤の一つだそうで、ジョニー・リヴェラは(同姓同名のサルサ・シンガーと間違わんでね)、コノ道では結構知られているとは思いますが、ジョー・キューバやジョニー・コローン程には有名ではない気がする。ジョー・バターンのように、ラテン外からも知られている、って感じもしないし。

と、そんな渋い位置にあるジョニー・リヴェラでありますが、サウンドも中々に渋い。ブーガルーらしさ、つまり、チープな空気は勿論キープしつつも、アレンジなんか意外にしっかりしている。リズム・チェンジなんて、ブーガルーじゃあんまりやらん事もやっているし、これは中々に耐久性が高いブーガルー・アルバムですね。

サウンドの特徴は、ギター+トロンボーン。

このアルバムはキーボート類が入っていないんで、ギターが大活躍です。まぁ、モチロン、ラテンなんでカッティングなんて全然やらないで、ピアノのワヘオをギターに置き換えた(ってか、元来、ソンだとギターですな)、アルペジオ系フレーズが渋い。そんで、時々やるベースとのユニゾンが実にカッコいい。コレがグルーヴの元。

5枚目に買うブーガルー・アルバムとしてオススメします。

最後に、もっかい自動翻訳ネタですが、曲目もアホ翻訳が強烈でした。
「Run, Run, Run」という曲が「操業、操業、操業」ですからね。

まぁ、ブーガルーはNY下町の小さな工場とか、そういうトコで働くヒト達が楽しんだ音楽ではありましょうから、イイっちゃ、イイんですけどね。


ポチっと押して下さいね  

R&Bの椀子そばブーガルー。




昨日はテレビで「となりのトトロ」をやってましたね。
そんで、思い出したのがこのジャケットなのです。
分かりますね?

リカルド・レイ(Ricardo Ray)
『Let´s Get Down To The Real Nitty Gritty』(1968)

さて。
リカルド・レイは、異様なテンションと、トホホな脱力を両立させる、神ワザ野郎であります。
ワタシはある意味、オマヌケな、そんなリカルド・レイのサウンドが大好きでして、あんまりCD持ってないんですけど、その中では、このアルバムは、「超」がつくほど大好きです。
真剣さが感じられないトコロが最高ね。

内容的には、R&B名曲集です。
「Soul Man」「Shout」「Sookie Sookie」「Ya,Ya」「Fanny Mae」などなど、次から次へと、ヒット曲の椀子そば状態。
コレらの有名曲を、エイヤっと3秒でラテン・ブーガルー化したんですね、きっと。そんな空気がツツツとゆる~く漂ってきまして、ワタシ的には最高のアルバムです。

サウンド・アレンジ的には、ティンバレスが入っていないなど、「ブーガルー」とは言えないくらいにラテン色は薄め。もちろん、ラテン・ミュージシャンとしては、と言う話の中での「薄め」ですけどね。
ま、このヒトがやると、どんなアレンジであっても、一般的に言うところの「ラテン」な脱力感は3秒で滲み出て来るでしょう。
天晴なハナシです。

それにしても楽しいアルバムです。
妙なテンションの高さと、緊張を強いない緩さの両立がステキ過ぎ。
そんなサウンドが、もしお好きなら、オススメです。

AY NAMA!(ええで~!)


そ~れっとお願いします。  

レイ・バレットの「Together」を聴くけこ!


レイ・バレット(Ray Barretto)
『Together』(1969)

時代の空気と、NYラテン・シーンの盛り上がりと、バレット自身の充実が、クロスしたトコロに生まれたアルバム。
代表作ではないが、悪い訳がない。

1曲目はバレット自作のラテン・ファンク。
人種を超えた連帯を呼びかけている。そんな歌詞。
バレットの長い音楽活動の中でも、重要な一曲だと思います。
素晴らしく力強いベースとピアノのリフに乗って、ボーカルは、珍しくバレット本人。
歌うコトは稀だがセンスが良い。必聴。

2曲目以降は、割とキューバ色の濃いスタイル。
完全なラテン~サルサ・サウンド。
しかし、当然ながら、キューバな音ではなく、紛れも無いニューヨーク・ラテン。
つまり、空気が張り詰めて、冷たい。
これこそがサルサ。
決して「癒し系のトロピカル音楽」ではナイ。

バレットのコンガも、「癒し」な感覚など微塵もなく、ソリッドなグルーヴを叩き出すんでありますね。
「ソリッド」なのね。そんで、「叩き出す」のね。
硬派なのよ。よろしくね。

最後は、ヘヴィーなラテン・ジャズ。
曲目は「Tin Tin Deo」。
ドロドロの血が滲み、次第に勢いを増し、最後には黒い血が吹き出す。
血の濃さが凄い。

必聴!


バレっとお願いします。  

「Konda」を聴いてヨロコンダ。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『Directions』(1981)

1981年発売ながら、内容は1960年から1970年にかけての未発表曲集。
まぁ、未発表であった理由は色々あるんでしょうが、だからと言って魅力のないモノでは全く無い!

「Direction I」「Direction II」「Duran」「Willie Nelson」のカッコ良さ。
エレクトリック期の初期の、張りつめた空気の中を強烈な電気がビシビシ走る。

「Konda」
何て斬新なサウンド!
やはり、1970年のマイルスの創造力はドンデモナイ。

マイルス道、つづく。

端境期マイルスの意味不明のカッコ良さ。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『Miles In The Sky』(1968)

シツコクもまたマイルスですが、コレも、素敵に鼻血ブーの一枚です。

このアルバムあたりは、アコースティックとエレクトリックとのハザカイ期とか、言われたり書かれたりしてますが、まぁ、とりあえず、そんな事は気にせずに聴きましょう。

とにかく、意味不明のカッコ良さです。

特に1曲目の「Stuff」。
悪く言えば、まとまりのナイ、変なメロディが、ゆったりした8ビートに乗って、延々と続きます。
激しくバンド全体が燃え上がるような、そういう分かり易い局面はイッサイ無し。
トニカク、淡々と、延々と、です。
ソロパートに入ってからも、「ソロで~す、やりま~す」と言った感じの、イカニモな時間帯は無し。
イヤ、実際は、カ~っと燃え上がる部分もあるんですけど、すぐに落ち着いて、また「淡々と」が始まるんですね。
だから、全体として「淡々」とした印象が強い。
「なんか知らんけど、いつの間にかソロもやっとります」みたいな感じ。

しかしですね。
コレが、実にジワジワ、じわじわ、ジワじわと来るのですよ。
最後の方になると、スッカリ、身もココロもアナタに夢中、みたいな状態になりますんで、まぁ、軽い気持ちで薬物中毒、みたいなコワイ作品だと思います。

二曲目以降は、建設的に破壊的だった『Sorcerer』(1967)とか『Nefertiti』(1967)とかの、究極のアコースティック・ジャズ路線が続いてます。勿論、クォリティの異常な高さは保証付き。まぁ、メンツは基本的に変わってませんからね。当然ながら極北デス。

端境期とか言われる事もあって、このアルバムは多分、人気盤ではないでしょうけど、さすがにマイルスです。当然の如く、異常にカッコ良い。なんで、こんなスゲェ作品を次から次へと産み出せるンでしょうね。

マイルスを聴くべ!

淡々とボ~ちボチボチボチっとお願いします。  

マイルスの35分のボーナストラックは何とでも呼べと。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『Munich Concert』(1988)

1988年のミュンヘンでのライヴ盤ですが、ボーナストラックの方を目当てにして買ったヒトも多い筈。
ワタシもその例に漏れず。
つまり、1970年の、あのワイト島フェスティヴァルのが入っているのであります!
「Call It Anything」!35分03秒!
映像付きはこのDVDを必ず見て下サレ。
三年間は鼻血が止まらなくなりますが、ガマンしましょうね。

で、今回の記事のはCDなので、音だけなんですが、映像無しでも、やっぱりコノ演奏は、スゲェですね。
コレをその場で聴いていたロック・ファンは、ワカル人は度肝を抜かれたでしょうし、ワカラン人は呆気にとられたでしょう。
スゴい迫力です。

で、凄い迫力なのですが、スピード感とか、切れ味の鋭さ、とかいう方向のスリルがメインではない気がする。
それは、多分、コード感とか調性が希薄な為だと思うのですが、結果として、ワタシは、何よりも「力」を感じます。デカい斧とかで、切れ味なんか関係なく、目の前にあるものを、とにかくブった斬って行くような感じ。
結果的に、ブった斬ってしまう物の量は、コッチの方が圧倒的に多い、とかそんな感じですね。

やっぱ、1970年のマイルスはスッげェーです。

1988年のミュンヘンのは、また改めて。

ぢゃ。


ボチっと一つお願いします  

「4」と、より多く。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『"Four" & More』(1964)

あんまりにも、各方面のミナサンが、これが「凄いスゴイ」と言うもんだから、しばらく前に買ったのよ。
で、聴いた結果、どう思ったかと言うと、おぉ、「スッげぇええーぜ!」でした。
サンキュ~、ミナサン、各方面!

いや、ハードなジャズって、やっぱイイですね。
スゲェ、サディスティックなラッパ。
もう、グリグリと言う他ナイですね。

冒頭の「So What」。
凄いですね。
マイルスのラッパ。
閃光一発。
カ~ッ!カ~ッ!カ~ッ!

二曲目。「Walkin'」
マイルスのラッパはコッチの方が凄いかも。
どう、スゴいのかって言うと、スゲェ、サディスティック。
低めのトコロをグリグリ、グリグリやって、そろそろ駆け上がるかと思うと、まだまだ、低いトコをグリグリ、グリグリと執拗に突き回して、イヤ、来た~!!!っと、高斜ハイノート突きまくり、グイグイグイグイ、まだやんのか、グイグイグイグイ、ってなコトで、息つくヒマ無し。スッげぇええーぜ!

ある意味、このアルバムの主役はドラムのトニー・ウィリアムス。
この時まだ18歳(!!!)。
タイコ、ビシビシ、隙ナシ・ハイティ~ン
(ナンノ、コッチャ)

しかし、前半の硬質過ぎるくらいのバキバキのハードな空気に対して、後半の微妙なナゴミが不思議ではある。(後半、曲目もナゴミ系。)

ほぼ同じ時期の『Miles In Berlin』(1964)も、コレに劣らぬ問答無用系名盤かと思うノですが、なんか、オーディオ的な意味でのサウンドの違いで、音の前への出方が異なる気がする。あと、アッチはドラムも抑え気味だしね。

しかし、ライヴの「So What」とか「Walkin'」とかの聴き比べをせねばらなん気になって来まして、すっかり"ブラックホーク"も聴くぞコノヤローなココロモチであります。あと、まだ買ってないけど、"プラグド・ニッケル"か。
カネ、無いんですケド・・・。

しかし、誰も、マイルスには、かなわんですね。
色んな意味で。


グリっと一つお願いします  

塩が無くてもシルヴェッティでしっかりトロける。


シルヴェッティ(Silvetti)
『Spring Rain』(1977)

ただいま帰って参りまして、部屋の湿度は86%であります
なかなか快適ですね

・・・・・・・

ナメクジにとっては

まぁ、そう言う背景も含めて(いや、別に背後にナメクジは居らんよ)、今日はヤケクソで絵文字全開で、このアルバムであります
聴いてね聴いてね聴いてね

しかし、こんな書き出しでは、スムーズに本題に入れませんな
ゴワッ

さて、このアルバムでありますが、こういうのは、勿体ないからお子様(25歳くらいまで)に聴かせてはイケマセン
オトナだけの楽しみにしておきましょう
と言っても、別にインビな音楽ではありませんぜ
いや、若干、14%くらいはインビだすかね

えぇ、女性スキャット全開
ぬぁめらかなストリングスそこカシコ
硬質に馨りやがるアコピ
かろやかに弾みやがるベース
しなやかに躍動しやがるドラム

もう、本当にタマリマセンね、このサウンド
最上級にクールなイージーリスニングという感じでもあります
レーベルはサスガのサルソウルであります
スっゲぇェぜ
拍手だぜ

キラートラックは1曲目「Spring Rain」と、最後の「Contigo」
塩が無くても、トロケそうになるぜい

しかし、こんな文章は全然伝わらんかのぉ
ゴワッ

結論

聴こう

↑こんだけ書いて、結論がコレか・・・・・・
しかも、絵文字の使い方が、後半、まつがっている・・・

ゴワッ


ゴワっと一つお願いします  
プロフィール

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。