These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルスによる闇の秩序の暴力的音楽。

電気マイルスの初期。
1969年と1970年はトニカク凄い。
鼻血だけではなく、耳血のカクゴもして頂きたい。

で、70年代電気マイルスの後期は、歪みまくりのギターが二人も居たりしますし、かな~りドロドロして濁った空気の呪術的空間に、一触即発の妖気がタチ込めている訳ですが、1969年~1970年の電気マイルスは、もう少し、空気はきれいかもしれない。ただし、空気の硬度はこの頃の方が強くって、アッと言う間に感電死しそうな迫力は、この頃の方が上なように思えマス。
イヤ、簡単に言ってはイカンな。
ドッチもタダコトでは無いのであって、どっちが凄いかなんで、一概には言えません!

ですンで、皆さん!!!

聴かずギライはやめて、電気マイルスを聴こう!!!
イヤでもいいから聴き倒そう!!!!!
そして、ミンナで一緒に倒れよう!!!!!
びびびびび~。(←電気に痺れている)

ハイ。
では、行ってみましょう。

『1969 Miles』

1曲目の「Directions」から、音の痩せない超強烈なハイノートのトランペットが炸裂しまくって、アッと言う間に音洪水の涅槃になる訳ですが、それにしても、3曲目! なんじゃ!このスゲェ「Milestones」は!!!
懐かしくも4ビートしてみたりもしますが、叩き付ける原色の4ビート。
しかもブラックと言う原色!!!
最早、ムカシの4ビートの再現ではナイ。
すげぇ!!!

『Live At The Fillmore East』

世間的なイメージでは、マイルス・デイヴィスというと、「クール」、「渋い」、「大人」、「おっしゃれ~」な感じもありますが、この頃のマイルスは、ジャケ写を見て頂いて分かる通り、渋さゼロ。
「マイルス」のイメージとは反対の、突き刺しまくるハイノートのラッパ。
ギラギラし放題で抑制指向ゼロ。
さっきも書きましたが、ハイノートでも痩せないスンげぇ音!!!
超高速極太ボウガンの如きトランペット!!!!!
(抑制してるんデしょうがね。フツーじゃない。)
全くモッテ、ジャズではナイ音楽。
が、ファンクでも無いし、当然、ロックでもない。
混沌のようでいて、混沌ではない、マイルスによる闇の秩序の暴力的音楽。
そんで、暴力が美しいという、有り得ない快挙。
呼吸を忘れる。
スゲェ、ライヴだ!!!

ワタシは、ブートには手を出していないが、『マイルスを聴け! Ver.6』などを読みつつ、この時期のブートには、ついつい手を出してしましそうでコワイ。
手を出し始めると、確実に経済は倒壊スル。

気をツケタイものでありますが、でもサ、マイルスは聴く!!!!!

ぢゃッ!
スポンサーサイト

ビッチェズ・ブリューとかアイラーとかドン・チェリーとかが効いてきた。


マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
『Bitches Brew』(1970)

ワタシにとって敷居の高かったコノ一枚。
今日、久しぶりに聴いてみたら、敷居、越えられていた。

今になってやっと分かったッっ!!!
あまりのカッコよさに慄然とするしかねーのナ!!!!!
・・・と言う事でありンす。

理解した、というよりは、身に入って居たモノが、酵母のお陰で遂に発酵した、という感じです。
「効いてきた」というのが正解かもしれない。


酵母は、コレでした。多分。
    ↓↓↓

菊地成孔+大谷能生
『東京大学のアルバート・アイラー』


というコトなので、「もしかして・・・?」と思い、まッコトに久しぶりにコレも聴いてみました。


アルバート・アイラー(Albert Ayler)
『Albert Ayler In Greenwich Village』(1967)

長いコト、アイラーって、ダメだったんですが、なんか、スンナリ入って来たぞ。
大好きになった、とは言えんが、全然フツーに聴けた。フシギです。


そしてコレ。


ドン・チェリー(Don Cherry)
『Symphony For Improvisers』(1966)

フリー・ジャズだと思っていたのですが、別に、フリーじゃなくって、フツーに、フツーの音楽の戒律の中に居た。
たまたま、各自が別々の戒律の中に居たりする時間もアルってダケの話でした。

音楽は、やはりチビリそうなまでにカッコいい。
方向不明なままチキショーと言って置きたい。

また、明日!

鼻血で延期か?


さて、このDVDに収められているワイト島ミュージック・フェスティヴァルでのマイルスの演奏についての感想ですが、「カッコいい」というコトについては保証いたします。つまり、鼻血3リットルの覚悟は必要という事です。

が、詳細は、もう少し聴き込んでからに致したく存じマス。
(理由は、鼻血が止まらないからというコトでよろしく。)

免許が無くても、暴走する映画のハナシ。

何故か知りませんが、ワタクシの好きな映画には、クルマやバイクが爆走するシーンが多い。30年前のワタシは、6歳にして、国道5号線を走っている車の車種を全部言い当てており、「コイツは絶対に走り屋になる」と、マワリの大人達をビビらせていたのデスが、1978年頃に、ニッカのG&Gの木箱とともに憑き物は落ちたのでありました。で、現在のワタシは、一切の運転免許も取得していない程でありまして、クルマ好きな指向は全く持ち合わせておりません。今日も、マルエツには自転車で行ってきました。フシギなハナシです。

と、言うコトで、映画のシーンを並べて見ましょう。


みんな大好き。アナタの彼女も大好きなトラック野郎。
その第二作『トラック野郎 爆走一番星』。
昭和50年でありまして、あの頃の郊外の風景が、全国共通だったコトが確認できる一作デス。あぁ、石油文明。(都市内部は歴史的な積み重ねがあるので、都市ごとに風景が違うのね。)



『黒いドレスの女』。昭和の62年。渋谷におけるカーチェイス。



『太陽を盗んだ男』。昭和54年。80年代一歩手前。
ジュリーのカッコ良さはタダモノでは無かった。
東京の建物は、まだまだ低かったようでアリマスが、都会からは、ビンボーが見えなくなり始めた時期。(無くなリャしない)

以上、三作、全てに菅原文太が出演している事に気が付きました。
う~ム。時代はパーシャルだったのだな。


『人間の証明』。昭和52年ッす。
音楽は大野雄二氏で、ルパンな音楽だし、松田優作だし、ジョー山中だし、岩城滉一だし、三船敏郎だし、カッコいい要素にはコト欠かない。
取り敢えず、クルマは飛んだ。
モチロン麦わら帽子も飛んだ。



『ルパン三世 カリオストロの城』昭和54年。
ニュートン力学を越えた一作。
当然ながら大野氏のオンガクもカッコいい。
オープニング曲は、名曲「炎のたからもの」。
う~ム、カッコいい。



『イージー・ライダー』。1969年。
ワタシ的にはバーズの「Ballad Of Easy Rider」なんですが、世間的にはステッペン・ウルフでしょう。
アメリカン・ニュー・シネマって、結局、最後は死ぬんでしょう?
「死ねマ」ってね、とかホザイた90年頃の我が若き日々を思い出したり。



『バニシング・ポイント』。1971年。
最初っから、最後まで走りっぱなし。
究極の暴走映画。
音楽も満載。JDサウザーとイーグルス結成直前のグレン・フライのデュオ”ロング・ブランチ/ペニーホイッスル”の曲が聴ける。
デラニー&ボニーは出演までしている。



『ターミネーター2』。1991年。
ターミネーターはやっぱり二作目が一番でしょう。
最後の方のチェイスもスゲぇ。



『ブルース・ブラザーズ』。1980年。
ファンキー過ぎ。娯楽音楽映画ではコレが一番好きかも。
できれば、コレを見て、「ローハイド」ってカッコいいねッ、とか言うズレかたをしたいモノです。(ローハイドのテーマ曲はカッコいいです。念のため。)



『激突!』。1971年。
怖くて最高。
辛くてウマイ、みたいなモノでしょうか。
デリーのカシミール・カレーに匹敵します。
「どM」なミナサンが悶えてヨロコブ究極の一作かも。



『フレンチ・コネクション』。コレも1971年。
全国6000万人のモミアゲ・ファン必見の超名作。
チェイス・シーンの迫力という点でも、コレが最高かも。
高架上の電車をクルマが追いかけるという、ほとんど狂気のシーン。
無許可で撮ったというウワサも。
とにかくビビります。



『おかしなおかしな大追跡』。1972年。
クルマの飛びっぷりとしては、最高の一作。ステキだ・・・。


結論:
二十世紀は、石油が牽引した、モータリゼーションとメディアの時代であったから、映画にクルマがよっく出て来るのは当然なのでしょう。(何のコッチャ。)

給料が入り、マイルスは生まれ、そしてみんな真似した。


昨日はマイルス(Miles Davis)について二本の記事をアップした訳ですが、実は、5月26日って、マイルスの誕生日だったんですね。(後から知りました)

う~ん、なかなかカッコいい偶然だぞ。

とか、言いたいが、ニッポンの勤め人の代表的な給料日が25日であるコトを考えると、その日か翌日にマイルスの何か買って、26日にその記事をアップするのって、有り得そうなハナシです。あんまりカッコいい偶然でもナイって事ですね。
ちなみに、マイルス、生きてりゃ80歳です。

という事で、昨日はDVDを見た後、NHKで4年ほど前に放送したドキュメンタリー『ジャズの帝王 マイルス・デイビス』を録画しておいたヤツまで見て、もぉ~、スッかりマイルス・デーとなったのでありました。

DVDの方の感想は、今日明日くらいに改めてアップしますが、それにしても、マイルスというヒトの音楽性の変化・進化・深化というのは、本当に凄まじいですね。改めて、もっと深く追究したいなと思ってしまいましたワ。

そんでですね。
ちょっと可笑しかったコトがありました。
上述のドキュメントも、DVDも、多くのプレイヤーがマイルスの事を語る映像がテンコ盛りなんですが、ほぼ全員、マイルスの真似をするんです。ディジョネットもアイアートも、デイヴ・リーブマンも、みんなやるんです。ホントにみんな真似するんで、徐々に可笑しくなってきて、仕舞いニャ笑えます。中でも一番可笑しかったのが、ビル・エヴァンス(サックスの)。あんまり似てないと思ったのか、途中で地声に切り替えてやんの。HA!

さて、本日は雨降ってるんで、出かけるのもナンだし、また、DVDの方を、ライヴシーンを中心に見返しましょうかねぇ。

ちなみに、画像は1968年か69年頃のもので、右に写っている女性はローラ・ニーロ(Laura Nyro)です。

1970年のマイルス。

トにもカクにも1970年のマイルス(Miles Davis)は無敵です。

『A Tribute To Jack Johnson』

エレクトリック・マイルスの入門編には、ワタクシとしては、コレがオススメかのォ~。


超強烈なライヴ!!!『Miles Davis At Fillmore』

死ぬほどカッコえぇ~!!!!!


もう一丁、極め付け!!!『Live-Evil』

コーフンせずに聴けるかッつーの!!!
ふガっ!フガっ!フがッ!


そして、今日、ゆっくりコレを見るのダ!
『Miles Electric』

高圧鼻血に厳重注意ダ!!!

ぢゃ、また明日ッ!!!

マイルスの超スンゲェDVD!!!フガっ!!!


スンゲェDVDが出てたんですね。
昨日買いました。

何と。
1970年のワイト島ミュージック・フェスティヴァル出演時の映像30数分!!!
スゲェエエエ!!!
そして、その時のサイドマン全員のインタビュー!!!(2003年収録ね)
もちろん、サイドマンと言っても、キース・ジャレット、チック・コリア、ジャック・ディジョネット・・・と、スげぇ人々ばかりですからね。
その他に、ハービー・ハンコック、ジョニ・ミッチェル、そんでマイルスを敬愛するサンタナらのインタビューも!!!
しかし、何はともあれ、1970年のライヴ映像ですよ!!!
コレがコーフンせずに居られるもんですか!!!
お口アングリ、お目々ギラギラ、みぞおちワクワク、頭クラクラですよ。

・・・あぁ。
・・・まだ冒頭の方のインタビューしか見てませんが。

しかし、ライブ映像になりゃ、鼻血が出ること必至でありますね。

感想はまたアップします!

そしてパタートは、また延期で。

カッコいいアニタ姐さんの、カッコいいヴォーカル。


アニタ・オデイ(Anita O'Day)
『Sings The Winners』(1958)

カッコいい女性ジャズ・ヴォーカルと言って、すぐ思い浮かぶのがこのヒトです。
念のために申し添えて置きますが、ワタシはジャズ・ヴォーカルには全然クワシクないデス。ハイ。クワシクはナイが、十数年前に一時期このアニタ姐さんにはハマったので、アニタ姐さんだけは結構聴きました。全盛期は50年代後半と言われておりまして、ワタシはここら辺の時期のを中心に、10枚程聴きました。で、その10枚を聴いた限りでですが、このヒトはジャズ史上で一番のカッコイイ姐御だと、アタシャ勝手に結論を出しました。

まぁ、このジャケット写真を見て下さい。
文句無しにカッコいいっショ。
この姐さんのヴォーカルは、こういうのが見事に似合う、そういうヴォーカルです。いやぁ、実にカッコイイ。

ヴォーカルのスタイルとしては、歌い飛ばすって感じで、ハスキー系のグルーヴ・ヴォイスです。エラのような万能型超一流選手とは違いますし、ビリー・ホリデイのような、なんだ、その、「魂を揺さぶる」とか言う方向の深さとも違いますが、まず、とにかく単純に歌がカッコいいです。メチャ苦茶カッコいいです。

で、このアルバムですが、人気ジャズ・プレイヤーの代表曲ばっかりを集めて姐さんがソレを歌います、という趣向デスね。
従って、スタンダード中のスタンダードばっかり並んでます。
そういう意味では、ジャズ・ヴォーカルの入門編にも最適かもしれないデスね。

特に好きなのは、「チュニジアの夜」と「フォー・ブラザーズ」(←ウディ・ハーマンね)。理由は、ウムを言わさず「カッコいい」から。(今日は、もうコレしか言ってませんが、まぁ、とにかくカッコいいんだから、仕方ねぇッス。)

あ、パタートはまた延期になりました。

ベスト盤というモノ・・・。

ベスト盤というヤツは基本的には、オリジナルのアルバムを揃えたら無用になる筈のものであるのに、どうも、全てのオリジナル作品を揃えた後にも買わなければならん、というベスト盤が結構多くて、コレは我が経済の敵でアリマス。

ワタシの例:

イーグルス(Eagles)
『Selected Works 1972-1999』(2000)

これは、4枚組のボックスです。
クズみたいな未発表トラックが幾つか入ってますが、ホントにクズなトラックなんです。ナニシロ「未発表曲」じゃないンです。曲にならなかった演奏の断片とか、レコーディング時の悪フザケを録ってあったヤツとかなんで・・・。ヒドイもんです。
あと、ディスク4は丸ごと1999年のライヴなんですが、コレって独立したアルバムで出すべきでしょ。1万円近いカネを払わんと聴けないなんてねぇ。ヒドイもんです。

引き続き・・・。
イーグルス(Eagles)!
『The Complete Greatest hits』(2003)

コンプリートの名の下に二枚組!
オタクら、六枚しかアルバム出してないのに・・・。
ヒドい・・・。
コレはシングルでしか出ていなかった「Please Come Home For Christmas」(1978)と、新曲「Hole In The World」と、オマケDVDの為に買いました・・・。

それから、YMO。
『YMO Go Home!』(1999)

コレは、「写楽コンサート」のフォーク版「中国女」と「花はどこへ行ったの」の為に買ったような気が・・・。
コレも二枚組・・・。
しかし、YMOの場合、本人達が意図して発売したワケではナイという事で、ベスト盤の濫発状態へのお詫びページまで出してるんで、まぁ、いいか。お詫びページはココ

そして、ローラ・ニーロの二枚組ベスト・・・。

いや、コレはワタシの都合だな。
妙な未発表でツルようなトコロは無かった筈だ・・・。
(しかし、他には収録されていないライヴ音源が入ってはいる。)
あ、ちなみに、まだ、ローラ・ニーロについてはオリジナル作品全部は揃えていません。(70年代後期から80年代作品が入手困難なのヨ)


では、締めのコトバでゴザイますが、
ヤケクソで言ってオキマス。

ベスト盤、バンザ~イ!
でも、頼むから、ベスト盤、ゴー・ホーム!

『Elis Regina In London』!!!!!


エリス・レジーナ(Elis Regina)
「Elis Regina In London」(1969)

スンばらし過ぎて、言う事ナシ。
コレは聴かないと人生の損デス。

何というグルーヴ!
何という疾走感!
それなのに、何というエレガンス!

もっかい書いときますが、コレ、聴かないと人生の損デス。
一発で、我がジンセイのベスト10アルバムに入りました。

パタートはまた明日!

ぢゃッ!
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。