These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正体見つけたり。

世間的にはあまりそう思われてないかもしれないけど、モダンチョキチョキズはただのオモシロバンドではなかったよなぁ。音楽的にも高度。・・・と言うか造詣がフカイというか、タダモノジャナイ感が漂ってましたね。

1993年リリースの『ボンゲンガンバンガラビンゲンの伝説』というアルバムがありましてですね。そん中に「アルサロ ピンサロ(パヤツのテーマ)」って曲があるンですよ。それがですね。完璧な本物のサルサなんスよね。



他のジャンルでも同様だと思いますが、本格的にサルサ・ラテンに取り組んでるワケではないミュージシャンが、それっぽい雰囲気を出そうとした時のサウンドって、スッゲぇ偽物感があるんスよね。実際、本場のサルサでは使われない不思議な音楽的イディオムがテキトーに使われていて、そのいい加減な仕事ぶりに、聴いていてムカムカがとまらないコトも多いワケですよ。

でも、モダチョキはそういうコトが無いんスよね。本格的な音楽を聴かせるコトが主眼じゃなくって、オモシロイものを聴かせるコトが主眼だろうに、音楽自体もしっかりと作る。これは、なかなかできるコトじゃないよね。

さて、そんで、その上述の「アルサロ ピンサロ(パヤツのテーマ)」ですが、この曲の元ネタらしき曲が最近偶然分かったんスよ。

コレです。



ソノーラ・ポンセーニャ(Sonora Ponceña)です。
サルサファンなら誰もが知ってる名門バンドですが、この曲は、スゲー有名な曲というワケでもないし、単にサルサっぽい音があればイイのなら、もっとポピュラーなトコロをネタにすれば楽なのに、よっくもまぁ、こんな渋いトコを元ネタにしたな、という感じ。思わず、スゲーなモダチョキ、と唸ってしまったワケです、ワタクシ。

そして、モダチョキの「アルサロピンサロ」は、そのアレンジ、演奏が見事です。
あくまでもネタとしての音楽だから、オリジナリティなんてないけど、
キチンと本物。適当な感じは一切なし。スゲぇカッコいいサルサです。
ミュージシャンのクレジット見てもサルサ・ラテン界の方も確り載ってます。

そんで、これだけシッカリ作っておいて、乗っかるのはファニーで脱力なボーカル(…というかキャラ)ですよ。
音楽をネタにして遊ぶけどしっかりと敬意を払う。
オモシロイだけじゃないモダチョキ。カッコいいと思う所以でゴザイマス

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Tomato n' Pine

Tomato n' Pine_PS4U.jpg
Tomato n' Pine 『PS4U』(2012)

寡聞にして、この方たち、存じ上げませんでしたが。
このアルバム、えらいイイですワ。目下、絶賛、ヘビロテ中。
作った方のセンスに脱帽。(歌は特にお上手ではアリマセン…)




Tomato n' Pine ジングルガール上位時代 投稿者 minitomato617

12月の雨の日に夢で逢えたら。


大滝詠一 1948.7.28-2013.12.30

大滝詠一

われらのポップミュージック仙人は永久に不滅です。



「Tシャツに口紅」RATS & STAR
Tシャツに口紅

「恋のハーフムーン」太田裕美(1981)



したらば、これ、傑作じゃないですか。

aiko_時のシルエット
aiko『時のシルエット』(2012)

昨年の6月に買うてから、聴かずに放置しておりましたが、本日、ィやっとこさ、聴きました。

したらば、これ、傑作じゃないですか。

サッサと聴いておけばよかったっスよ。

aiko氏の曲って、初期の傑作連発期後は、佳作はあるものの、なんとなくマンネリちっくな印象を持ってまして、ここ数年は、新曲が出ても、いっつも、あんまり期待はしてなかったンすよね。

んナもんだから、昨年のシングル「恋のスーパーボール」も、買ったまま放置し、その流れでリリースされた、このアルバムも買ったまま同様に放置っスよ。

んで、本日、放置してあったコレを聴いた訳ですが、したらば、あら、まぁ、コレ、スゲーええじゃないデスか。

激薄リバーブで歌う異形のハミ出しメロディーに、瞳孔開放性ドシャメシャ型高性能バッキングっつコトなので、オンガクの作り的には、ィやっぱり、マンネリにはチゲーねぇのですが、なんだろか、メロが一つ上の次元に行ったんスかね。とっても、よいです。

ドラムは、2曲を除き、佐野康夫氏。またしてもスンバラシいグルーブっぷりです。
(佐野氏以外のだって、カースケ氏とかですので、やっぱ、スンバラシイです。)
ベースは、大半の曲で美久月千晴氏が弾いてますが、こちらもやはりスンバラシくスリリングな弾きっぷりッす。(他だって沖山優司氏とかですよ。スンバラシいっス。)
キーボードは、お馴染みの、島田正典氏。相変わらず、サイコーのセンスっす。鳥肌八千本。

とにかく、聴くべ。

blogram投票ボタン

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

永遠のホラを吹いてくれ。

名曲の名演。

コレは鳥肌3500万粒ですなぁ。(一人1000粒計算)



みゆき姐さんの去り際がカッコええ。


まちがいの例

1. 永遠の餅を搗いてくれ
2. 永遠のホラを吹いてくれ
3. 永遠のシャミを弾いてくれ
4. 庭園で水を撒いてくれ
5. 東広島の西は呉



プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


123456789101112131415161718192021222324252627282930 04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。