These Are Soulful Days

ラテン!自転車!カレー!ジャズ!環境!ロック!畜生!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正体見つけたり。

世間的にはあまりそう思われてないかもしれないけど、モダンチョキチョキズはただのオモシロバンドではなかったよなぁ。音楽的にも高度。・・・と言うか造詣がフカイというか、タダモノジャナイ感が漂ってましたね。

1993年リリースの『ボンゲンガンバンガラビンゲンの伝説』というアルバムがありましてですね。そん中に「アルサロ ピンサロ(パヤツのテーマ)」って曲があるンですよ。それがですね。完璧な本物のサルサなんスよね。



他のジャンルでも同様だと思いますが、本格的にサルサ・ラテンに取り組んでるワケではないミュージシャンが、それっぽい雰囲気を出そうとした時のサウンドって、スッゲぇ偽物感があるんスよね。実際、本場のサルサでは使われない不思議な音楽的イディオムがテキトーに使われていて、そのいい加減な仕事ぶりに、聴いていてムカムカがとまらないコトも多いワケですよ。

でも、モダチョキはそういうコトが無いんスよね。本格的な音楽を聴かせるコトが主眼じゃなくって、オモシロイものを聴かせるコトが主眼だろうに、音楽自体もしっかりと作る。これは、なかなかできるコトじゃないよね。

さて、そんで、その上述の「アルサロ ピンサロ(パヤツのテーマ)」ですが、この曲の元ネタらしき曲が最近偶然分かったんスよ。

コレです。



ソノーラ・ポンセーニャ(Sonora Ponceña)です。
サルサファンなら誰もが知ってる名門バンドですが、この曲は、スゲー有名な曲というワケでもないし、単にサルサっぽい音があればイイのなら、もっとポピュラーなトコロをネタにすれば楽なのに、よっくもまぁ、こんな渋いトコを元ネタにしたな、という感じ。思わず、スゲーなモダチョキ、と唸ってしまったワケです、ワタクシ。

そして、モダチョキの「アルサロピンサロ」は、そのアレンジ、演奏が見事です。
あくまでもネタとしての音楽だから、オリジナリティなんてないけど、
キチンと本物。適当な感じは一切なし。スゲぇカッコいいサルサです。
ミュージシャンのクレジット見てもサルサ・ラテン界の方も確り載ってます。

そんで、これだけシッカリ作っておいて、乗っかるのはファニーで脱力なボーカル(…というかキャラ)ですよ。
音楽をネタにして遊ぶけどしっかりと敬意を払う。
オモシロイだけじゃないモダチョキ。カッコいいと思う所以でゴザイマス

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2016best


2016 my best.jpg

みなさま、お元気でしょうか。
・・・私は普通です。

それでは、早速ですが、2016年によっく聴いて印象的だった音楽を2016bestと称し、テキトーに列挙します。必ずしも今年発表されたものではありません。

1. Born On the Bayou / Creedence Clearwater Revival
2. Time Is On Your Side / Earth, Wind & Fire
3. Lovely One / The Jacksons
4. Africa / The Meters
5. Demolition Man / The Police
6. Human / The Pretenders
7. Ramona / Sonora Ponceña
8. 私自身 / いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー
9. 煙草のけむり / 五輪真弓
10. 深川 その1 / 岩崎宏美
11. 君はメロディー / AKB48
12. 君じゃなきゃダメみたい / 大石昌良
13. Street Performer / CASIOPEA
14. The Great Journey (feat. RHYMESTER) / KIRINJI
15. サイレントマジョリティー / 欅坂46
16. YAMABIKO / NakamuraEmi
17. 少女、ふたたび / 南波志帆
18. 狼の黄昏 / 人間椅子
19. RELISH / Negicco
20. サヨナラの意味 / 乃木坂46

相変わらず気持ち悪いバランスでいろんなノが並んでいます。迷わず「なまらへくせー」とdisってくダサい。(←ハコダテ語で「すげぇダサい」の意)

今回、かろうじてサルサは一曲入りましたが、どジャズが入ってませんね。来年こそはジャズ殿も頑張ってクレるでしょう。あと、ここ数年の傾向ですがアイドル楽曲が入るようになりました。このジャンルに佳曲が少なくない事を知った為、少々掘るようにした結果であります。

今年は特に、AKB48の「君はメロディー」が傑作でした。AKBさん自体の印象は、あんまり、と言うかむしろアレなんですけど(と言うか、秋元康氏に良い印象がないからな・・・)、この曲には一聴五嘆致しました。泣き笑いメロ&グルーヴ、2コーラス目の絶妙なブレイク、センスの良いオルガン、「サビだけを覚えてる」というキラーフレーズ、そしてトドメのエレピソロ。まぁ、ご一聴して五嘆してください。
↓↓↓



(音楽と歌詞と映像のマッチングをどう考えているのか良く分からないMVですが、そこんトコロは置いといて音楽の良さをご享受くダさい。)

あと、こちらの方。
↓↓↓



こんな達者なヒトが居たんですね。
ギター一本でこの超絶グルーヴはスゴイ。
ちょっと、ボーカルがキメキメ過ぎるのが好みではナイですが、音楽の楽しさとか、ミュージシャンの凄みとかを、これほど上手く結実させた作品って、そうそうナイですよね。
コレだよ、コレ。これ、これ。と言いながらお聴きイタダキタイ。

…と、ココまで書いたところで、天ぷらが食いたくなって来たので、今日のトコロはこの辺で。

ぢゃ、また来年!

…再来年か(・ω・)

2015best

あけましておめでとー。

昨年よく聴いた曲を列挙するぜぜぜぜぜーい。
(必ずしも、2015年の新譜ではないっス)

こんな具合でした。(ABCあいうえお順)

1. It Might Aswell Rain Until Septemeber / Carole King
2. Spiral / The Crusaders
3. How Do the Fools Survive? / The Doobie Brothers
4. Serpentine Fire / Earth, Wind & Fire
5. The Traveling Kind / Emmylou Harris & Rodney Crowell
6. People Say / The Meters
7. Compared to What / Roberta Flack
8. Palos / Willie Bobo
9. Summertime Blues / The Who
10. インタヴュー / 伊藤銀次
11. 愛はおしゃれじゃない / 岡村靖幸
12. ソフトポップ / 北園みなみ
13. Listen to the Music / Shiggy Jr.
14. La Rosa / 高橋ユキヒロ
15. こどなの階段 / 南波志帆
16. さよならMusic / Negicco
17. フェスティバルで会いましょう / Negicco
18. 羽根の記憶 / 乃木坂46
19. 今、話したい誰かがいる / 乃木坂46
20. 名前が知りたい / 原田知世

若手からベテランまでバランス悪く並んでおります。
そして、サルサ勢がない…
(聴いてはおるが、微妙に、ココに入らんかった)

2016年も音楽と共にあらんことを。ぶひ。

それぢゃ、また来年。

テキサス・ファンクに、ごっつぁん。

JoeSample_RainbowSeeker

ジョー・サンプル(Joe Sample)が死んだ!
満75歳没。

今年はウェイン・ヘンダーソンも亡くなった。
テキサスから来た十字軍はもう、形だけの再結成もできないんだな…


「Spiral」 The Crusaders(1976)

スムースなのにブッとい、クルセイダース(The Crusaders)。
テキサス・ファンク。
メロウを内包したファンキー・クロスオーバー。
疑いもなく「至高のサウンド」でございました。

こんなスゲェ音楽を残して頂き、心からごっつぁん、と申し上げる次第。

合掌。
(合掌の下に「拍手」っつのも、しかし、なんだな…)
 ↓ ↓ ↓

Tomato n' Pine

Tomato n' Pine_PS4U.jpg
Tomato n' Pine 『PS4U』(2012)

寡聞にして、この方たち、存じ上げませんでしたが。
このアルバム、えらいイイですワ。目下、絶賛、ヘビロテ中。
作った方のセンスに脱帽。(歌は特にお上手ではアリマセン…)




Tomato n' Pine ジングルガール上位時代 投稿者 minitomato617
プロフィール

bugalu

Author:bugalu
1969年日本製。ベース弾き兼自転車乗り兼勤め人。葉っパや注射を使わずに宇宙へ行く為に「快楽音楽」を求めチャリでサスラう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
02  01  12  01  09  04  12  07  05  04  02  01  05  04  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
blogram
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。